R-1ぐらんぷり王者、濱田祐太郎はどんな人?年齢や経歴、目のことについて調べてみた

お笑い
スポンサーリンク
「ひとり芸No.1」決定戦の「R-1ぐらんぷり2018」
漫談家・濱田祐太郎さんが見事優勝し賞金500万円を手にしました

いつもは大阪の「よしもと漫才劇場」を中心として活動

テレビのレギュラーはゼロとのこと

R-1ぐらんぷり優勝をきっかけに大ブレイクしそうな芸人、濱田祐太郎さんのことを調べてみました

 

経歴やプロフィール

生年月日:1989年9月8日(28歳)
出身地:兵庫県神戸市
血液型:O型
身長:171cm

視力:ほぼ全盲

 

高校は視覚特別支援学校に通い、あん摩マッサージ指圧師やきゅう師の国家資格を取得

大阪NSCではゆりやんレトリィバァが同期だが、優秀なクラスだったゆりやんレトリィバァに対し濱田祐太郎さんそうでもないクラスだった為、接点はなかったよう

ちなみにゆりやんさんは大阪NSC35期を首席で卒業されてます

 

前回優勝の同期、ゆりやんレトリィバァさんの連覇を防いでの優勝

すごいですねー

ほぼ全盲ということもありますが、大阪NSCではどちらかというと落ちこぼれだった濱田祐太郎さん

ハンデもあり、人並み以上に努力されたのだと思います

優勝の際の喝采する観客の顔も舞う紙吹雪も濱田祐太郎さんには見えなかったと思いますが、心には届いていることでしょう

 

目の視力について

先天性緑内障で左目が見えず、右目は明暗が分かる程度との事でほぼ全盲

一般の皆様へ - 日本小児眼科学会 | 子どもの眼の疾患に関する医療と学問の発展を目的とする日本小児眼科学会
子どもの眼の疾患に関する医療と学問の発展を目的とする日本小児眼科学会

「R-1ぐらんぷり2018」にてマイク前まで連れてくれたのは同期のピン芸人である溝口幸雄さん

いつもサポートされてるんだとか

溝口幸雄さんもいつか芸人として報われて欲しいですね

 

 

オファーしたくても無名すぎて連絡がつかない!

R-1ぐらんぷり優勝となると、早速いろんなメディアからオファーがあるものですが最初はほとんどなかったそう

無名すぎてマネージャーさえ誰か分からない状況だったようです

これからはいろんな番組やネットで活躍する姿が見れるようになりそうですね

ご本人は「24時間テレビ」チャリティーマラソンランナーに意欲を見せているようです

番組内容はもちろん、パラリンピックの年でもありますし視覚障害者の方々を励まし勇気付けるには最も適した方ではないでしょうか?

視覚障害者というハンデを逆に活かして、これからいろんな番組やメディアで活躍していって欲しいものですね

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。