サッカーWcup!日本2-3ベルギー、1点差で惜しくもベルギーに敗れる!ベスト8進出ならず

スポーツ
スポンサーリンク

7月3日AM3時、キックオフとなった日本ベルギー戦

勝てば日本にとって初出場した1998年のフランスW杯から初のベスト8となる

西野朗監督はスターティングメンバーをグループリーグ第一戦のコロンビア戦、第二戦のセネガル戦と同じメンバーで臨んだ

 

3:00 試合開始!

 

前半のボール支配率はやや日本が上回る

枠内シュートは日本は2、ベルギーは1

日本は特に守備の堅牢さが際立つ

守備陣がベルギーのシュートチャンスを抑え、キーパー川島まで届かせない

また、ベルギーの要注意選手ルカクをフリーにさせない努力が見られる

攻撃と守備が目まぐるしく入れ替わる面白い試合展開だが、両チームともパスの精度に欠けている感もある

 

ベルギー相手にほぼ互角の戦いを見せ、0-0で前半を終了した

 

後半開始前、円陣を組む日本チーム

気合を入れる

 

4:03 後半キックオフ!

48分 日本ゴール!フリーになった原口元気がゴールキーパーと1対1!

ゴール左隅に確実にシュートを決めた!

日本1点をリード

 

52分 乾貴士のゴール!ペナルティーエリアからシュート一閃!

キーパーはほぼ反応出来ず!

乾も信じられないといった表情を見せた

日本2点のリード!

 

69分 ベルギーのゴール、ヤン フェルトンゲン

ヤン フェルトンゲンのシュートは山なりのボールとなってゴールキーパー川島の頭上を弧を描きながらゴール枠内に落ちた

日本2-1ベルギー

 

74分 コーナーキックからの展開、マルアン フェライニのヘディングが決まる

ゴールキーパー川島、飛びつくも届かず

 

日本、ベルギ2-2の同点

日本、疲れのためかゴール前の守備が甘くなってきたように思われる

 

80分 日本は原口に替えて本田圭佑、柴崎に替えて山口蛍

日本に比べベルギーの動きが良くなってきたように思える

ベルギーが立て続けにシュートを放つ

ゴールキーパーの川島がファインセーブでなんとか食い止める

 

90分 アディショナルタイム4分

本田のコーナーキックはベルギーのキーパーがキャッチ

すぐさまベルギーが攻撃に転じ、日本が追いかけるもナセル シャドリがシュート

ゴールキーパー川島も横に飛ぶが届かず

日本2-3ベルギー

 

試合終了

日本1点差で惜しくも敗れる

 

日本は前半の運動量がアダとなったのか、後半は疲れのせいか動きが鈍くなっていたようだった

対してベルギーは前半、パスなどに精彩を欠く場面も多かったが全体を通してペースが落ちている様子は見られなかった

攻撃時の動きも前半に比べ、パス、シュートなど安定していた

やはり格上のベルギーの実力といったところだろうか

ただ、世界から見て明らかに期待されていなかった日本が、後半終了まで同点だったことは評価されるものだと思われる

 

 

【日本代表 スターティングメンバー】

GK
1 川島永嗣(メス/フランス)

DF
3 昌子源(鹿島アントラーズ)
5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

MF
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
8 原口元気(ハノーファー/ドイツ)
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
14 乾貴士(ベティス/スペイン)
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)

FW
15 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。