【悲報】救急搬送された患者の死亡率、O型が他の血液型の2倍以上

病気・健康
スポンサーリンク

血液型がO型の皆さん、気を付けて!

救急搬送されるような重傷の患者について、O型が最も死亡率が高いことが調査により判明しました

 

 重いけがで救急搬送されたO型の患者は、それ以外の血液型の人に比べ、死亡率が2倍以上高いとの研究結果を、東京医科歯科大の高山渉特任助教(外傷外科)らが2日、救急医学の専門誌に発表した。O型は他の型に比べて血が固まりにくく、大量出血する人が多い可能性があるという。

日本経済新聞

だいくん
だいくん

O型の人の血液って、固まりにくいの?

同じ傷でもO型の方が出血が多くなるかもしれないんだね

 

 2013~15年度に入院が必要となる重いけがで東京医科歯科大病院など2病院に運ばれた患者901人のデータを分析。死亡率はO型が28%、O型以外が11%と差があることが分かった。

わーちゃん
わーちゃん

東京医科歯科大の高山渉特任助教(外傷外科)らが2日、救急医学の専門誌に発表したそうよ

ケガをした人も治療する人もその点を考慮した方がよさそうね

だいくん
だいくん

O型の血液は他の血液型の人にも輸血出来るって聞くのに、損した感じ・・・

わーちゃん
わーちゃん

よほどの緊急時にはね

いつもそうやってる訳じゃないのよ

だいくん
だいくん

O型の血液型の人って全体のどれくらいの割合なんだっけ

 

 

uranaru

わーちゃん
わーちゃん

日本では約3割ね

O型の皆さんは特に事故などで大ケガなどしないよう気を付けましょう

もちろん、他の血液型さんも!

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。