【危険】炭水化物ダイエットは老化の進行が早いと東北大学大学院発表

注目情報
スポンサーリンク
ご飯やうどんなどの炭水化物を減らした食事
炭水化物ダイエットの危険性を東北大学大学院が発表した

 

過炭水化物を過剰に制限するダイエットの危険性

 

 一般的な食事を与えたマウスは多くが平均寿命よりも長生きしたが、
糖質制限食では平均寿命まで生きられなかった個体が多かった。
死んだ個体は平均寿命より20~25%ほど短命だった。
また、糖質制限の個体は見た目も同齢の一般食の個体と比べて背骨の曲がりや脱毛などがひどく、
老化の進度が30%速かった。

日本農業新聞
「日本農業新聞」は日本で唯一の日刊農業専門紙を発行する株式会社日本農業新聞の公式Webサイトです。日本農業新聞の当日付のニュース記事を中心に掲載しています。速報や締め切り後のニュースなど紙面に載らない情報も掲載することがあります。

食事の量は減らさず炭水化物の量を制限

その分をタンパク質や脂質で補う「糖質制限食」において、摂取と老化の影響を分析した

マウスに日本人の一般的な食事に相当する餌を与えた場合と、糖質制限食を与えた場合を比較

ビタミンやミネラルについてはは同じ量を与えた

 

マウスを使った試験だが、人間にすると60歳後半で老化スピードが早くなるとの研究結果

平均寿命はもちろん、見た目も老化現象が顕著となる

また、老化だけでなく生命の危険性のある疾患となる可能性も指摘

糖質制限食の個体は、血液中に多く存在するとがんや糖尿病の発症が早くなる可能性が高まる物質が多くなっていた

 

逆に炭水化物の取りすぎは甘味依存症に?

炭水化物ダイエットで糖質を制限しすぎる事は老化を早めるリスクがあるが、逆に取りすぎも危険という報告もある

炭水化物=糖質であることは知られているが、糖質の過剰摂取は人間に中毒性をもたらす性質があるとの事

糖質は脳のエネルギー源なので、摂取不足は脳の正常な働きを鈍らせる

だが、甘い物を過剰に取り続けていると依存性の仕組が出来上がり、甘い物がなくてはイライラしたり情緒不安定となる

いわゆる甘味依存症

脂質が少ないといわれるお米ダイエットもやりすぎは危険を含んでいるのかもしれない

 

「ぽっちゃり」VS「ガリガリ」男性の好みは?

Q.「ガリガリ」と「ぽっちゃり」、好きな女性の体型はどちらですか?

「ガリガリ」……26.5%
「ぽっちゃり」……73.5%

https://woman.mynavi.jp/article/160609-39/

圧倒的に「ぽっちゃり」の勝利!

「ぽっちゃり」がどれくらいの体型を意図しているのか定かではないが、ダイエットを意識しすぎるより健康的な体型の方が男性は魅力を感じるようだ

 

バランスの良い食事が最良

食品のある成分を過度に摂取、もしくは制限した食事はやはり人間の本来の活動に必要な栄養を満たしているとは言えない

糖質・脂質はもちろんビタミン・ミネラルもバランス良く摂る事が老化の進行を抑え人間の機能を正常に働かせる条件となる

流行っているダイエット方法の「痩せる」事だけに注目して実践し身体が無理を強いられていないか気をつける事は大事だと思われる

 

 

肉類の食べ過ぎが気になる方はこちら

健康、老化防止に!お肉みたいな大豆食品「ソイミート」に注目集まる!
人間誰しも健康で長生きしたいものですよね あの「きんは100歳、ぎんは100歳」というフレーズで人気者になった金さん銀さんの銀さんの娘さんも今年で100歳になったとか 日本人の平均寿命は男性80.98歳、女性87.14歳で世界2位だそう...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。