「彼氏が自分で自分を刺した」と供述の高橋真耶容疑者、交際相手の殺害を自供「怒りが爆発して」

事件・事故

今月、神奈川県大和市で若い男女2人が刺される事件がありました

発見時、2人とも血を流した状態で発見され、男性は死亡

女性は「彼氏に刺された。彼氏も自分を刺している」と話しており、女性の傷は男性が刺したもので、男性の傷は男性自身が自分で刺したものと話していましたが、捜査により女性が男性を刺したことが明らかになりました

女性の名前は高橋真耶容疑者

「怒りが爆発して殺した」と供述しており、動機については判明していません

 神奈川県大和市で交際相手の男性を刃物で刺して殺害したとして21歳の女が逮捕されました。女は「怒りが爆発して殺した」などと供述しています。

高橋真耶容疑者は5日、大和市のマンションの一室で交際相手の熊谷稜悟さん(当22)の胸などを刃物で刺して殺害した疑いが持たれています。警察によりますと、当時、高橋容疑者は自らの腕などを刃物で刺したうえで「彼氏に刺された。彼氏も自分を刺している」と110番通報していました。また、熊谷さんは数十カ所の傷があり、部屋の玄関は施錠された状態だったということです。取り調べに対し、高橋容疑者は「彼への怒りが爆発して何度も包丁で刺し、殺してしまった」と容疑を認めています。

表示できません - Yahoo!ニュース
男性刺され死亡 女を逮捕「怒り爆発して殺した」(19/08/29)

高橋真耶容疑者の住んでいたマンション

過去に報じられた住所、ニュース映像などから以下のマンションと思われます

自らを刺して「彼氏に刺された」と語っていた高橋真耶容疑者

当時、高橋真耶容疑者は「彼氏に刺された」自ら110番通報

警察が駆けつけた時にはマンションの玄関は施錠されており、2人は血を流して倒れていました

交際相手であった熊谷稜悟さん(当時22)について「彼氏も自分を刺している」と語り、熊谷稜悟さんが負った傷は本人が自分を刺したものだと供述していました

その後の調べで「彼への怒りが爆発して何度も包丁で刺し、殺してしまった」と熊谷稜悟さん殺害を供述、逮捕されました

高橋真耶容疑者は自ら刺した腕の傷以外に腹にも切り傷を負う大けがをしていましたが、それについて高橋真耶容疑者が刺したものかは明らかになっていません

故意であることが認められれば殺人罪

殺人罪は故意犯である。殺人の故意はなかったが、暴行・傷害によって他人を死に至らしめた場合には、殺人罪ではなく傷害致死罪となる。殺人の故意も暴行・傷害の故意もないが過失によって人を死に至らしめた場合には過失致死罪(または、その特別類型である業務上過失致死罪や重過失致死罪等)となる。

殺人罪の法定刑は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役である。法律上の減軽や酌量減軽により5年未満の刑を宣告することは可能である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/殺人罪_(日本)

「怒りが爆発して・・・」一体何があったのか

他の報道ではの高橋真耶容疑者は自称アルバイト、熊谷稜悟さん(22)は会社員となっており熊谷稜悟さんの生活費を高橋真耶容疑者が賄っていたという訳ではなさそうです

殺害にまで発展した「怒りが爆発する」理由とは何だったのでしょうか

現在は重傷を負って入院している高橋真耶容疑者

警察は回復を待って動機などを調べるとしています

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました