【良質タックル】高2ラガーメンが警察の犯人検挙に協力!表彰される

法律・犯罪
スポンサーリンク

スポーツの世界では相手にケガをさせるような危険な悪質タックル問題が未だに収束する様子を見せませんが、こちらは人のためになる「良いタックル」にニュースです

 警察官と一緒に不審者を追跡、身柄を確保し犯人検挙に協力したとして、寄居署(永谷邦夫署長)は17日、寄居町在住で県立熊谷高校2年の田貝幸祐さん(16)に感謝状を贈呈した。

同署によると、田貝さんは5月21日、寄居駅前ロータリー付近で、詐欺未遂事件で捜査活動中の警察官と一緒に不審者の男を追跡、取り押さえて犯人検挙に多大な功労をした。

田貝さんはこの日、テスト期間中で帰りも早く、駅に降りて自転車で自宅に帰ろうとした時、逃げる男を警察官が追い掛けていたという。現場を通り掛かると警察官から「自転車を貸してほしい」と声を掛けられ、田貝さんも協力するため走って逃げる男を追い掛けた。約50メートルほど先で追い付いて突き飛ばし、よろけた隙を見て男の手と襟のあたりを抑え、後から来た警察官に男の身柄を渡した。

埼玉新聞

田貝さんは高校生ながら逃げる男をタックル、男を取り押さえるところまでやったというからすごいことですよね

素人が成人男性の隙を見て「男の手と襟のあたりを抑え」とかって、とっさに出来るものなんでしょうか(◎_◎;)

もしかしたら武術の経験が・・・?

という事実は判明しませんでしたが、中学では短距離、高校ではラグビー部に所属しているそうですよ

 

で、その間、警察官は自転車を貸してあげたにもかかわらず、後から到着

完全に高校生のお手柄だったようです

警察官頑張ってヽ(´ー`)┌

 

ただ勇気ある行動は称賛されるべきですが、相手が凶器などを持っていなかったのか、田貝さんにケガなどなくて本当に良かったですね

 

日大アメフト再炎上「ケガを軽くするためのタックルだった」第三者委員会勝丸充啓弁護士
日大アメフト悪質タックル問題、収束はまだ先の話のようです 悪質タックル問題を調査する第三者委員会が日大のタックルを養護する発言 写真は勝丸充啓弁護士(芝総合法律事務所より) 日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問...
【日大アメフト】内田監督、井上コーチ会見「潰してこい」言ったが、あんなことをするとは
日本大学の宮川泰介選手の記者会見後、日大広報は文書でコメント 「潰してこい」とは言ったが、ケガをさせるような指示ではなかったとの内容 これに対し日大には抗議の電話が殺到 選手が実名を出しカメラの前で会見を行ったのに、大学側...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。