AIも間違う!静止している錯視画像を回転と人工知能が判断

注目情報
スポンサーリンク
AIも人間らしさを持っていると喜ぶべきか、信頼出来ないと落胆すべきか
人工知能(AI)AIが静止している錯視(さくし)画像を回転していると判断したとの発表

基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)と立命館大学(京都市)などの共同研究グループが発見

 研究グループは、人の脳と同様に目で見る情報で予測を修正しながら学習するソフトを導入。回転するプロペラの映像を見せ、回転方向や速度などを正しく予測できるよう学習させた。

 次に、同大の北岡明佳教授(知覚心理学)が考案した、とぐろを巻いた蛇の模様が回るように見える「蛇の回転錯視」の静止画を見せると、AIは絵の中の円が回転していると判断し、回転方向や速度を予測した。配色を変えると逆向きに回転していると判断するなど、人と同じ錯覚が起きていると分かった。

毎日新聞

 

AIが誤認した画像はこちら

もちろん静止画ですが、回転しているように見えるでしょうか?

自分はもちろん・・・・「回転してるでしょ!これ」

スクリーンショットしたのでGIF画像でもありません

視点をどこかに固定すれば、静止して見えます

でもAIは間違っちゃダメな気もしますね

 

いろいろな錯視画像

格子状の中にうっすらと黒い点が見える

どうなってるんでしょうね

人間の目にはそれが見える必要あるんでしょうか?

 

左右どちらも中央の四角の色は同じ

うーん

やっぱり右の色の方が濃いような・・・?

 

どの線も平行

誰だー、この線引いたの

ちゃんとまっすぐ引けって言ったろ

 

曲がって見える!

うん

一度はやった

 

間違いも起こすAI、今後への影響

3月18日にはアメリカで自動運転中に女性をはねて死亡させた事件が起きています

Uberがテスト中の自動運転SUVがアリゾナ州テンピで自動運転モードで走行中に女性の歩行者をはねた。女性は付近の病院で手当を受けたが死亡した。Uberは事故に関する捜査に協力すると同時にすべての自動運転のテストを中止し、「犠牲者の家族にお悔やみ申し上げます。われわれは地元当局の事故の捜査に全面的に協力しております」と発表した。

Uber、アリゾナ州で自動運転中に死亡事故――NTSBが調査チーム派遣 | TechCrunch Japan
昨日(米国時間3/18)、Uberがテスト中の自動運転SUVがアリゾナ州テンピで自動運転モードで走行中に女性の歩行者をはねた。女性は付近の病院で手当を受けたが死亡した。Uberは事故に関する捜査に協力すると同時にすべての自動運転のテストを中止し、「犠牲者の家族にお悔やみ申し上げます。われわれは地元当局の事故の捜査に..

Uber(ウーバー)社はトヨタやボルボなどと協力関係にあり、今後の取引に大きく影響しそうです

AIに絶対的信頼があるからこその自動運転システムですが、死亡事故や画像認識の問題点など、これから課題はまだありそうですね

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。