2018年花粉の飛散量は去年の2倍?今日の花粉はどれくらい?対策は?

注目情報
スポンサーリンク

そろそろスギ花粉到来の時期

あ、間違い

見てるだけで、くしゃみ出そう・・・

 

花粉の飛散予報はTENKI.JPで

早いところでは九州で2月下旬と予想されている

ただ、厳冬の為多少遅れるとの予測も

都道府県別に今日の花粉予想を見ることも出来ます

花粉情報 - tenki.jp
全国の花粉情報を市区町村別に掲載しています。1週間先までの花粉予測で週末の計画も立てられます。日本気象協会独自の花粉予測を地図上に表示した花粉メッシュで花粉の動きをチェックできます。気象予報士による花粉解説も人気です。

 

2ヶ月も花粉に悩まされるのは辛いですね

皆さんはどんな対策してるんでしょう

 

みんなの花粉対策は?

首都圏では47%の人が自分は花粉症だと自覚

対策としては「マスクの着用」で全体の過半数
続いて「処方薬」「うがい・手洗い」「市販薬」で約4割

「顏や眼を洗う」「衣服の花粉を落とす」「外干ししない」「窓を開けない」など花粉を「落とす」「入れない」対策が続き、「花粉症に有効な食材」「花粉ブロックスプレー/クリーム」「健康食品/サプリ」

「何もしなかった」という人は女性では6%、男性では10%超

以上、インテージ調べ

花粉症2017 みんなの対策―効果実感アイテムは?注目の最新療法は? - Intage 知る Gallery
首都圏の2人に1人が花粉症! 2017年花粉症シーズン突入前に聞いた、みんなの対策、効果を感じた食材/サプリ。最近注目の対策キーワードとは?

 

やはりマスクが一番多いみたいですね

最近はカラフルなのやおしゃれな柄、デザインのものもありますね

花粉対策にはこまめに取り替えるのが良いようです

 

 

 

ただ、マスクでは目だけは守れないんですよね

あのかゆみや涙はなんとかならないものでしょうか

 

これなら大丈夫?

 

家の中でならまだしも、外出するのは勇気が入りますね

コンビニ入ってもビビられそう

花粉からどうしても逃げたい人にはおすすめです

 

病院に行く方も結構いるみたいですね

花粉症の目薬の種類は主に4種類

()内は効能

1.抗アレルギー目薬(目のかゆみ・充血)
2.ステロイド目薬(目のひどいかゆみ・まぶたの腫れ)
3.抗菌目薬(まぶたの腫れ・充血・目やに)
4.免疫抑制目薬(目のひどいかゆみ・充血・まぶたの腫れ)

やっぱりお医者さんに診てもらうのが安心出来ますね

 

個人輸入代行で効果の高いお薬も

病院に行くほどでもないし、市販薬では効果がイマイチ・・・

という方には海外で効果を認められたお薬を通販で購入することも可能



ザイザル5mg
ザイザルは2010年にグラクソ・スミスクライン社から発売された第2世代抗ヒスタミン薬 です。 アレルギー性鼻炎・花粉症・蕁麻疹をはじめとする皮膚炎など、アレルギーが原因で起こる 様々な症状を抑えてくれる薬です。
大人は通常1日1回1錠の服用です。

 

海外のお薬には日本でまだ購入出来ないが、効果の高いお薬もあります

ですが、通販で個人輸入代行をする場合は、偽物に注意しましょう

同じような効能を謳っていて、特別安いものには気をつけた方が良いですね

営業年数や実績、説明、体験談などよく見て納得してから購入するようにしましょう

 

病院でも個人輸入代行でのお薬でも花粉が飛散する前に服用開始するのが効果的なのだとか

早めに対策した方がよさそうですね

 

花粉に悩まされると、涙や鼻水で集中力が落ち、仕事や運転に差し支える事もあります

自分にあった花粉対策で出来るだけ症状を抑え、花粉の時期を乗り切りましょう

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。