LINE【ライン】 誤爆・誤送信メッセージ・スタンプの送信取り消し機能を開始!待望の機能の実態とは?

注目情報
スポンサーリンク

12月13日、LINE株式会社はLINEの新機能として、送ったメッセージやスタンプなどを削除できる「送信取消機能」をスタートさせました

ライン利用者のほぼ7割が経験ありと答えたメッセージの誤爆・誤送信

まずはその機能について見てみましょう

 

使い方と実際の見え方

取り消したいメッセージまたはスタンプを長押しします

ポップアップで「送信取消」の項目が出ますので、それをタップ

「友だちが利用中のバージョンが~」と出ますので、迷わず「送信取消」をタップ

これで自分も相手側にもメッセージが削除されました

ね、簡単でしょう?

送信取消の際の注意点3つ

送信から24時間以内でないと取り消し出来ません

これについては、問題ないでしょう

誤爆・誤送信は割りとすぐ気付く人が多数だと思います

数時間経ってからでは、すでに手遅れ(笑 でしょうし

個人的意見としては「1時間以内」でも良いので、以下の2つを改善して欲しいものです

 

「メッセージを取り消しました」という履歴が残ります

非常にマズいメッセージ自体を取り消せたのは良いけれど、「取り消しました」って言われては相手も何だか気になりますよね

たとえば・・・・

ラインの送信取消01

こんな気まずい状況になる前に

取り消したら・・・

ラインの送信取消02

まあ、内容を見られなかっただけマシですが、後から突っ込み入る事間違いないと思われます

何か上手いこと言って、収める言い訳を考えとかないといけないですね

 

 

スマホ画面の通知には表示されます

相手側の設定によりますが、1行ないし2行のメッセージが相手に通知として表示されます

しかも、相手がその通知を下にスワイプすると全文表示されるという、今回の送信取消機能が全く役に立たない場合も

つまり、トーク画面で既読が付く前に取り消し出来た!と思っても、相手はすでに見てしまってる可能性があるのです

 

まとめ

いざという時の「送信取消」機能ですが、過信するのは禁物です

やっぱり誤爆・誤送信しないように気をつける事が一番のようです

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。