【日韓関係影響か】韓国旅客機が管制官の指示を無視して滑走路侵入、日本旅客機の着陸を妨害

海外

韓国・アシアナ航空のパイロットが管制官の指示を無視して離陸のために滑走路に侵入

着陸準備をしていた日本トランスオーシャン航空の旅客機の着陸を妨害する事案が発生しました

一歩間違えば多くの命を失う大事故にもなりかねませんでした

国土交通省によりますと、21日午後1時すぎ、韓国・アシアナ航空の旅客機が管制官の許可がないまま誤って滑走路に進入しました。

このため、すでに着陸許可を受けていた日本トランスオーシャン航空の旅客機が滑走路の手前3.7キロ付近で再び高度を上げ、およそ20分後に着陸をやり直しましたということです。
このトラブルによるけが人はいませんでした。

アシアナ航空によりますと、パイロットは会社の聞き取りに対し、「管制塔の指示に従わずに滑走路に入ってしまった」などという趣旨の話をしているということです。

エラー|NHK NEWS WEB

最近の日韓関係影響?パイロットの行動の理由とは?

「管制塔の指示に従わずに滑走路に入ってしまった」という言動から、韓国アシアナ航空のパイロットは管制の指示から日本トランスオーシャン航空の旅客機が着陸のために滑走路を使用することを知っていたはずです

なのにあえて管制からの指示を無視して、その滑走路に侵入するなど旅客機のパイロットとしてありえない行為

一体どんな正当な理由があったのでしょうか?

 

その理由は公表されてはいませんが、最近の日韓関係の悪化による日本に対する「悪意」が生んだ行為ではないかと勘ぐってしまうのはあまりにも不自然でしょうか

経験の多いパイロットなら事故が起きない程度で他の旅客機着陸の妨害をする事は難しいことではないのかもしれません

そう考えてしまうほど管制からの指示を無視する行為は信じがたいものですし、着陸を妨害された旅客機が日本の航空会社であったのが偶然ではなかったのではないかと思ってしまうのです

 

アシアナ航空の現状

アシアナ航空は韓国で大韓航空に次ぐ大手航空会社です

しかし最近の格安航空会社に押され今年1月~3月期連結決算は前年同期と比べて89%減となっています

アシアナの1~3月、営業益89%減 大韓航空は16%減
【ソウル=山田健一】韓国航空大手のアシアナ航空と大韓航空は15日、2019年1~3月期連結決算を発表した。燃料価格上昇などを受け、両社とも前年同期に比べ減益となった。韓国国土交通省は3月に新たに3社

そのため4月にはアシアナ航空の売却が発表されました

韓国経済の「行き詰まり」を象徴する中堅財閥のアシアナ航空売却
4月15日、韓国の中堅財閥企業である錦湖(クムホ)アシアナグループは、グループの中核企業である韓国2位のエアライン“アシアナ航空”を売却すると発表した。この発表の影響は韓国経済にとって大きい。

現在は日本との路線を縮小や廃止にしたりコスト削減に努めている状況です

 

まとめ

事故にはならなかったものの重大インシデントであることは間違いありません

インシデント=飛行機と鉄道の、事故には至らないものの深刻に危険だった事件のこと

アシアナ航空の経営状況の悪化や日韓関係の問題もあり、日本の航空会社に対してこのパイロットは「わざと」着陸の妨害を行ったのではないか

韓国の過激な日本製品不買運動を見るにつけ、そう感じずにはいられません

 

管制からの指示を無視した理由についてはパイロットからの正式な発言を待ちたいと思います

このパイロットには出来ればライセンスを剥奪して頂きたいものです

※アイキャッチ画像は日テレNEWS24より
http://www.news24.jp/nnn/news162135679.html

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました