高齢者に大人気!アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐ「ワンペダル」ってどんなもの?

事件・事故
スポンサーリンク

年号が令和になってから特に高齢者ドライバーの事故が多い気がしますが気のせいでしょうか

【意味なし】免許自主返納した80歳男性が軽トラ運転、自転車の男子高校生をはねる

【また高齢者】男性運転の車が100km/hで反対車線逆走して多重事故、高齢者2人死亡【トヨタエスティマ】

高齢になれば判断力や動作も鈍くなり事故を起こす可能性が高くなるのも当然

車に乗らないことが最も安全でしょうが、地下鉄やバスなどの公共の交通機関が乏しい地方では車がないと生活に支障が出ることも

 

アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が多い現状を解決したいと考えた会社ナルセ機材さんの「ワンペダル」は車検もOKでほとんどのオートマ車に装着出来る画期的な製品なのです

ナルセ機材の「ワンペダル」はペダルはブレーキしかない。速度を上げるためには横に取り付けられた足の側面を使って押さねばならない。この「ワンペダル」は価格は20万円くらいで、オートマ車であればほとんどの機種に取り付けが可能。今、注文が殺到しているという。

踏みかえ無しで急ブレーキがかけられる「ワンペダル」は現在、人気が高まり、購入まで数か月待ちの状態にある。噂を聞いて購入を希望する人の80%は高齢者。痛ましい事故の歯止めになればと期待がかけられている。

アクセルの踏み間違えによる事故をゼロへ ワンペダルに期待
高齢者による交通事故が増えるなかで、オートマティック車両のアクセルとブレーキの踏み間違えの例がよく指摘されている。踏み間違えの一番の原因は2つのペダルが並んで配置されていることにある。では並列配置をやめたらどうだろう? ナルセ機材(熊本県)開発の「ワンペダル」はペダルを1つに減らすことで、踏み間違えゼロに挑んでいる。

 

ワンペダルの仕組みとは?アクセルはどうやって踏むの?

ワンペダルではブレーキペダルにアクセルの操作レバーが付けられています

ブレーキペダルに足を置いた状態で足を横にずらすとアクセルレバーが押されて、アクセルを踏んだことと同じになるようです

ワンペダルのナルセ機材有限会社
ワンペダルの開発、販売を行うナルセ機材です。 「踏み間違い」「踏みそこない」「ブレーキの踏み遅れ」による事故を防ぐ画期的なペダルシステム「ワンペダル」等を開発しています。

また足を横にずらしてアクセルを押している状態でもブレーキを踏めば、アクセルが解除される仕組みになっているようですね

アクセルとブレーキは同時に踏めないということになります

 

なかなか画期的なアイデアですが、慣れるまではちょっと不安な気もしますね

 

ワンペダル、実際の操作の動画

Youtubeにそのワンペダルを装着している車を運転している動画があるので見てみましょう

ワンペダル左足運転  BY A LEFT FOOT ONEPEDAL

椅子に座ってこの状態を真似してみると、ちょっと内モモがつりそうな気もします

 

問い合わせや購入、価格について

ワンペダルについての問い合わせや資料請求は以下のサイトで出来るようです

ワンペダルのナルセ機材有限会社
ワンペダルの開発、販売を行うナルセ機材です。 「踏み間違い」「踏みそこない」「ブレーキの踏み遅れ」による事故を防ぐ画期的なペダルシステム「ワンペダル」等を開発しています。

価格は作業費込で20万円前後とのこと

ワンペダルは高齢者事故を防ぐ救世主になれるのか?

このペダルは踏む=ブレーキであり、間違ってアクセルを「踏む」ことはあり得ません

高齢者は「踏む」動作を右のペダルと左のペダルを間違うことで、踏み間違いによる事故が起きますよね

普通の人は右と左を踏み間違えることは有り得ないですが、高齢者ではそれを無意識にしてしまうようです

ならばワンペダルでも止まるつもりで横にずらす(アクセル)動作をしてしまわないでしょうか

さすがにそれはないだろうと誰もが思うことをしてしまうのが事故を起こすような判断の鈍った高齢者だと思います

 

はたして「ワンペダル」は高齢者事故を防ぐ救世主となれるでしょうか

今後の活躍を見守りたいと思います

 

 

アクセルを強く踏めばブレーキがかかる!画期的な「STOPペダル」

アクセルとブレーキの踏み間違いによる急発進を防ぐ装置「STOPペダル」が画期的過ぎる

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。