治療中20代女性患者の口に男性器挿入か、60歳歯科医近藤弘之容疑者を準強制性交で逮捕

事件・事故

立場を利用して治療中の患者に鬼畜な行為をした60歳歯科医が逮捕されました

容疑は準強制性交

性交とは膣・口腔・肛門に男性器を挿入することを指します

【また昭和大】医師と研修医が催眠薬使い20代女性にわいせつ行為「行為あったが薬は使っていない」

そして記事中にある「女性の口を悪用」という言葉

どうやらこの卑劣な歯科医は治療の際に20代女性患者に口を開けさせ、自身の男性器を挿入したことに間違いないようです

石狩市内の歯科医院で近藤弘之容疑者(60)が準強制性交

 準強制性交等の疑いで再逮捕されたのは、北海道長万部町の歯科医師、近藤弘之容疑者(60)です。

近藤容疑者は2019年2月25日、午後1時ごろ、当時勤めていた石狩市内の歯科医院で、顎関節症の治療と偽って患者の20代の女性の口を悪用し、いかがわしい行為をした疑いが持たれています。

近藤容疑者は「ムラムラしたのでやりました」と容疑を認めています。

女性は当時布のようなものを顔に載せられていて、近藤容疑者の犯行に気付かなかったということです

404 Not Found

歯科医院で治療中、口をあけている時に目を開けている人はあまりいないのではないでしょうか?

その治療中に口の中に異物感や違和感があっても「お医者さんの治療だから」と気にしないようにする人も多いでしょう

近藤弘之容疑者はそうした患者の心理を悪用、さらには患者の顔に布をかぶせて行為を見られないようにして犯行に及んでいたようです

知らないうちにじじいの男性器が口に入れられていたとしたらゾッとしますね

 

胸を触る、盗撮などの余罪も

近藤弘之容疑者はこの犯行の前にも20代女性にわいせつな行為をしていて逮捕されていました

 近藤容疑者は犯行の1時間前、治療と称して別の20代の女性患者の胸を触り、カメラで服の中を撮影したとして逮捕・起訴されていて、余罪を追及したところ今回の犯行が発覚しました。

 

犯行後解雇されるも他の歯科医院で勤務→逮捕

時系列的には

①.2月25日正午ごろ石狩市内の歯科医院で20代女性患者の胸を触り、盗撮など

②.その1時間後、20代女性患者の口に自身の男性器を挿入

③.①の女性患者が不審に思い医院と警察に相談、犯行が発覚

④.近藤弘之容疑者は3月に石狩市内の歯科医院を解雇されるも、長万部町の歯科医院で歯科医を継続

④.5月16日に①の強制わいせつで逮捕

⑤.②の準強制性交が判明、再逮捕

 

犯行時に勤務していた歯科医院はキクチデンタルクリニック

近藤弘之容疑者が犯行時に勤務していた歯科医院は石狩市内の歯科医院「キクチデンタルクリニック」のようです

クリニック紹介 | キクチデンタルクリニック 石狩市花川
石狩市にある歯科 キクチデンタルクリニッ&#12463...

HTBニュースでの映像とストリートビューでのキクチデンタルクリニックの外観を比較

https://www.htb.co.jp/news/archives_4426.html

ストリートビューによる外観

窓枠の形状や医院名が書かれた壁面のデサイン(黒背景に白帯、赤フチに医院名)が一致しています

 

キクチデンタルクリニックのGoogleでのレビューでは一部の歯科医の対応を非難する書き込みもありました

7ヶ月前であれば近藤弘之容疑者が勤務していた時期かもしれません

飲食店の不適切動画投稿でもそうですが、一部の非常識な従業員のせいで店舗全体のイメージが損なわれることは真摯にお客様に対応している従業員やオーナーにとっては本当に悲しいことです

近藤弘之容疑者はわいせつ行為等の罪を問われるだけでなく、迷惑をかけた医院に対して一生を以て償っていくべきだと思われます

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました