【レーダー照射】日本防衛省が探知音公開、韓国国防省はYoutubeに反論動画を掲載

政治
スポンサーリンク

防衛省が火気管制レーダー照射された際の探知音を防衛省ホームページにて公開した

公開されたページには照射されたレーダーの探知音とともにレーダー照射の危険性、また韓国の主張する「威嚇的な低空飛行」を否定する説明などを掲載

 

おそらくこれらについてはすでに韓国に対し十分な説明を行ったと思われるが、理解が得られない上に「人道的救出作戦に対する威嚇飛行」についての謝罪を求め続ける韓国に対しこれ以上の日韓での協議は無駄であると結論付けた

ちなみに韓国が当初より主張する「人道的救出作戦」についての説明や証拠は全く示されていない

【レーダー照射】証拠も出さず訂正もせず・・・韓国国防省が一方的に日本に対し謝罪要求
韓国の火病が始まった 韓国国防省は日本の哨戒機による威嚇的な低空飛行について謝罪を要求 これまでの韓国側の二転三転する主張の訂正や証拠映像を出すこともなく、またレーダー照射についての謝罪ももちろんないまま日本に対して謝罪を求め始...

 昨年12月20日(木)に発生した韓国海軍駆逐艦から海上自衛隊第4航空群所属P-1哨戒機(厚木)への火器管制レーダーの照射された件について、日本側が有する客観的事実を取りまとめた防衛省の最終見解及び本件事案発生時に同機が探知した音を公表することとしました。
防衛省としては、韓国駆逐艦による海自P-1哨戒機への火器管制レーダー照射について、改めて強く抗議するとともに、韓国側に対し、この事実を認め、再発防止を徹底することを強く求めます。更に、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らないと考えられることから、本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難であると判断いたします。
本公表が、同種事案の再発防止につながることを期待するとともに、引き続き、日韓・日米韓の防衛協力の継続へ向けて真摯に努力していく考えです。

防衛省・自衛隊:韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について

その後に掲載されている防衛省の説明に関して要約すると

 

1. 火器管制レーダーの照射について

火器管制レーダーを照射することが国際的に見ても大変危険な行為である

火器管制レーダーが照射されたことは公開した動画からも明らかである

韓国に対し相互に情報提供を求めたが受け入れられなかった

韓国の主張に一貫性が見られず、今後の協議を経ても真相は解明されないであろうとの見解

2. その他の韓国側の主張について

(1) P-1の飛行について

韓国が主張する「人道主義的救助作戦中の威嚇的低空飛行」について根拠がない

韓国側が出した10秒ほどの動画についても「威嚇的低空飛行」は認められない

【レーダー照射】韓国国防省の反論動画は威嚇的低空飛行の証拠となり得たか【日本語訳付】
1月4日、韓国国防省youtubeアカウントにレーダー照射問題について日本防衛省が出した証拠映像の反論動画が掲載された 動画には韓国側からの映像も若干含まれていたが、はたして海上自衛隊哨戒機の威嚇的な低空飛行の証明は果たせてい...

(2) 通信状況について

P-1哨戒機からの韓国軍駆逐艦に対する3つの周波数での無線の呼びかけに反応しなかったことについて、韓国側の言い分は認められない

3. 今後の対応について

これ以上の日韓での実務協議は無駄であろうと思われる

ただし、日韓・日米韓の防衛協力はこれからも継続していく

 

これらの説明文の下にレーダー照射やP-1哨戒機に飛行状況などを図や写真を掲載して補足説明している

 

このように防衛省が火器管制レーダー照射時の探知音を公開後、韓国国防省はYoutubeにて反論動画を掲載

[90초 브리핑] 일본의 초계기 저공위협비행 사건의 견해 발표에 대한 대한민국 국방부 입장

日本の哨戒機低空脅威飛行事件の見解を発表に対する大韓民国国防部の立場

– チェヒョンス国防総省スポークスマン

日本側が根拠資料提示せずに、いわゆる電磁波接触音だけ公開した後、事実関係を検証するための二国間協議を中断するとしたことについて、深い遺憾を表明します。
日本側が提示した電磁波接触音は、私たちが要求した「検出日時、方位、電磁波の特性」などを全く確認できず実体を知ることができない機械音です。
韓国側が継続的に強調したように、正確な証拠を提示し、両国の専門家が参加した中、科学的かつ客観的検証に積極的に応じることを促します。
今回の事案の本質は、人道的救助活動中の私たちの罠の仕事哨戒機の「低空脅威飛行」であり、これに対する再発防止と一側の謝罪を重ね促します。
韓国政府は発表した韓米連合防衛体制に加え、日韓安保協力を強化するための努力は継続発展させていきます。

– 李範ソクADD第3の技術研究本部長

当時、さまざまな種類のレーダーが運用されており、現在の一側が公開した電磁波接触音はとても加工された機械音なので追跡レーダー関連電磁波接触音だと断定することはできません。

日本側がシステムのログファイルを提供していなかったので、当時獲得された電磁波の接触音と確定することはできません。

今回もまた日本が提示する証拠に対して、ただ反論するのみで韓国側から何らかの証拠や根拠が示されることはなかった

一貫して「人道的救助活動中」を主張するものの、それについての証拠は一切なく低空飛行されても当然の状況でこれほどに日本に対して謝罪を強要する態度は理解に苦しむ

現在、北朝鮮籍の舶と接触する船舶はどこの国であろうと各国から警戒されるものであることを韓国は認識すべきであろう

 

日本防衛省がレーダー探知音のみ公開し協議を打ち切ったことについては日本国内や韓国でも異論はあるだろう

おそらく日本政府はレーダー周波数までも公開しても今後のデメリットや韓国がそれでも認めない可能性を考慮しての判断だと考えられる

(レーダー周波数公開は哨戒機の情報探索能力を各国に知らしめることになり、中国やソ連に対しては特に慎重にならざるを得ない)

ただ、今後も今回のように韓国との様々な協議についても同様に有意義な結果を得られないだろうという認識は日本政府の中で印象付けられてしまったのではないだろうか

 

日本防衛省のレーダー探知音公開について韓国人の反応はどうだろうか

動画のコメント欄には今のところ、ハングルにて韓国を擁護、日本に対して敵意のあるコメントが目立っている

(韓国語を機械翻訳にて掲載)

 

日本のやつらつつくちゃうからそろそろ足抜くするんだ。今回だけは粘り強く断固として対処してください!

 

日本に謝罪受ける事案である!
必ず謝罪を受けて、日韓の軍事情報保護協定も廃棄して欲しい。
衛星が不足すると、早く先に飛ばして情報を共有しないして欲しい。
日本のなんかが大韓民国を再び超え見えない軍事強国になってほしい!
超音速ミサイルはいつ完成するのか。最もモンチョ独島に配置せよ!

 

ぴったりの日本答えた悔しいより明らかにすされるのに、無条件これ証拠だし、実体のない機械音一つ投げておいて会話断絶する日本笑昼にメディアに日本人が北朝鮮、中国、韓国を順番に嫌いだと報道していたが、おそらく、北朝鮮、中国、韓国は日本人が一番嫌になります会話をしたくないのは言葉をすればするほど、日本が不利だということを知っているからです日本は地球上から消える道しか答えがありません

 

日本は、周波数提示しろ
この機会に、日本が国際的な恥を受けなければならない
そして、私たちは日本に法的制裁とリンゴ、再発防止を約束しなければならない!

日本のやつらああすると思った。私は祖国がどこを行ってかい。阿部倒れ~~

 

歴代最高の大韓民国国防部
応援します。
ファトチン!!!!

 

大韓民国国防部を支持します。

これらは韓国国民のレーダー照射に対する意見の大半を占めるものだろうか

ちなみに韓国にはVANK(韓国サイバー外交使節団)という私設の組織が存在する

韓国VANK「世界中の誤った韓国のイメージを正す」 | Joongang Ilbo | 中央日報
韓国の聯合ニュースによると、、VANK(韓国サイバー外交使節団)は海外の有名放送局、世界史教科書、国際機関、大学などが韓国を中国と日本という「クジラ」の間に挟まれた「エビ」のように描写している..

彼らVANKは主にインターネット上で韓国を他国より優位に見せたり、韓国人の活躍をことさら大きく誇示するために掲示板やネット投票などで活躍する組織だ

韓国に関する動画などでは彼らが率先して活動していることだろう

 

自国の政府が間違っているとは考えたくないものだろうが、韓国人の中には「人道的救出作戦」や「無線に反応しなかった理由」などについて十分な証拠を出し得ない韓国政府に不満を感じている人もいるかもしれない

だが、残念ながら今後日韓の問題が協議される時に日本政府には「韓国との話し合いは無駄」という意識が常に付きまとうことになるであろう

やはり日韓関係は様々な部分において徐々に密度を薄くしていくのが最良のように思われる

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。