違法ダウンロード、マンガや小説も罰則対象へ!見ただけでも捕まるの?

IT・アプリ
スポンサーリンク

遠藤憲一さんが出演する日本民間放送連盟のテレビCMを見かけた人はかなり多いのではないだろうか

テレビ番組を無断でアップロードすることは犯罪となることを、法律を知らない子どもたちに真剣に伝える内容

摘発されれば「10年以下の懲役、1000万円以下の罰金、またはその両方」とかなり重い罪だ

 

ただ、動画などをインターネットにアップロードする人はあまり多くなさそうなので「自分には関係ない」と思う人も多いだろう

しかしダウンロードはどうだろう

今までに違法アップロードサイトでアニメやマンガを閲覧したことがある人は少なくないのではないだろうか

これまで著作権法により音楽・動画に関して違法ダウンロードに対し罰則が決められていたが、今後マンガや小説などにも適用されることになった

 文化庁は7日、インターネット上で違法に配信されたと知りながら、有償の漫画や雑誌、小説、写真などをダウンロードする行為に2年以下の懲役か200万円以下の罰金、またはその両方を科す方針を固めた。これまで音楽や動画に限定していたが、海賊版サイトによる被害が拡大している現状を踏まえ、対象を広げる。来年の通常国会に著作権法改正案を提出する。

文化審議会の小委員会が同日の中間報告に盛り込んだ。著作権者や出版業界からは、海賊版行為の抑止効果に期待する声が上がっている。文化審は近く一般からの意見公募を行い、年度内に最終報告をまとめる。

違法ダウンロード、罰則拡大へ(共同通信) - Yahoo!ニュース
文化庁は7日、インターネット上で違法に配信されたと知りながら、有償の漫画や雑誌、 - Yahoo!ニュース(共同通信)

例えば、マンガの違法アップロードサイトで有名な「漫画村」

現在は「マンガビレッジ」として運営しているが、違法にアップロードされているマンガをWEB上で閲覧することは違法になるのか?

弁護士ドットコムではこのような質問と回答があった

>ネタバレサイトで漫画のコマをサイトに載せているのは違法なのでしょうか?
→違法である場合が多いでしょう。

>そしてそのサイトを閲覧する事は違法なのでしょうか?
閲覧だけなら違法ではありません

>違法アップロードされたものをダウンロードするのは違法だとよく聞きますが、見たり聴いたりする事は大丈夫なのでしょうか?
見たり聴いたりする限りでは違法ではありませんが、ダウンロードすれば違法となります。

ネタバレサイトや違法アップロードされたものを見ることは違法になるのか
著作権や違法アップロード、ダウンロードについての質問です。インターネットでは映画や漫画、アニメなどのネタバレサイトがあるのをよく目にします。動画共有サイトでも違法アップロードされた音楽や映像など...

WEB上で有償の著作物であるマンガを閲覧するだけなら違法ではないようだ

つまり、見るだけなら問題ない

だからといって、違法に著作権のあるマンガをアップロードしているサイトを利用する行為は著作者の利益を損なっていると言える

そのような犯罪者の利益を助長するような行為はするべきではない

また、一部のマンガについて「無料で見れたから興味を持って購入に至った」といった違法アップロードサイトがそのマンガの売上に貢献しているような意見を見ることがあるが、そのサイトで掲載されているその他多くのマンガの著作者は被害を被っていることを理解すべきだと思う

 

話しを違法ダウンロードに戻そう

違法アップロードサイトで表示された著作物をパソコンやスマホ内にダウンロードした場合は違法となる

今回の著作権法の改正でその対象が「音楽」「映画」に加えて「マンガ」「小説」「雑誌」「論文」が追加された

 

では、どのように違法ダウンロードはバレるのか?

違法アップロードサイトが摘発された際には、警察からプロバイダなどにそのサイトへアクセスした者のIPアドレスなどの情報開示が要求されるだろう

IP情報には「いつ」「誰が」「何をした」か記録されている

この情報でダウンロードした者の特定が可能となる

掲示板などに悪質な書き込みをした者が警察によって特定、逮捕されるのと同様だ

 

ただ、2012年10月1日に違法ダウンロードについて刑罰が決められたものの実際に逮捕された例はない

それにはいくつか理由があるが、違法ダウンロードを刑罰化することは漫画村などの違法アップロードサイトの蔓延を防ぐことが目的とされている

著作物を違法ダウンロードする行為に刑罰を与えるとして抑制すれば、違法アップロードサイトにアクセスする者も減少するだろうとの思惑ではないだろうか

本来ならば違法アップロードサイトへの「アクセス」や「閲覧」などの行為まで刑罰化すればより効果的なのだろうが・・・

 

ともあれ、著作物は価格の決められた書籍やデジタルデータで販売されている物を購入されるべきで、いかなる理由があろうと無料で他の者が提供してはならないし手に入れるべきではない

漫画村などで無料でマンガを見ることが当然のように考えている人は著作者がどれだけの時間をかけてそのマンガを描ける技術を手に入れたか、その出版物を販売するに至るまでどれだけの苦労があったのかを考えてみて欲しい

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。