サッカーWcup、日本ポーランド戦の内容に国内海外から非難の嵐!戦略?卑怯?

スポーツ
スポンサーリンク

6月28日に行われた日本・ポーランド戦は0-1とポーランドが勝利した

負けた日本はグループリーグで敗退と思われたが、同時刻で行われていたセネガル対コロンビアでコロンビアが勝利したため、セネガルと勝ち点・得失点とも同点となり「ファールの数」がセネガルより少なかったため日本の決勝トーナメント進出が決まった

勝ち点・得失点とも同点により「ファールの数」(フェアプレーポイント)で順位が決まったのは、ワールドカップ史上初


(C)Getty Images

しかし、今回の日本チームの決勝トーナメント進出に対し国内・海外から非難の嵐が巻き起こっているのだ

 

問題となった試合終了前10分間に何があったのか

日本はポーランドに対して同点以上であれば決勝トーナメント進出が決まっていた

前半を終えて得点は0-0

59分にポーランドのベドナレクがゴールを決め先制点を許してしまう

同時刻に行われていたコロンビア・セネガル戦で0-0の同点であったため、このままでは日本のグループリーグ敗退が決定する

日本はなんとか同点に追いつきたいものの得点には至らず

74分にコロンビアが得点しセネガルに対して1-0とする

このままコロンビアがセネガルを下せば、日本はポーランドに0-1で負けても「ファール」の数が少ない日本がセネガルより上位となり決勝トーナメント進出確定となった

80分西野監督は武藤に替えて長谷部を投入

おそらくこの際に、コロンビア・セネガル戦の状況と今後の方針がチームに伝えられたものと思われる

西野監督はコロンビア・セネガル戦でコロンビアの勝利に賭け、攻撃せず自チームでパス回しをして時間を稼ぐプレーに徹した

これにはこれ以上ポーランドに点を取られないためと、ファールを増やさないための2つの理由があった

グループリーグ2位となるためには現状を維持するしなければならない

会場は大ブーイング

結果、日本は試合終了までセンターラインより自陣で味方同士のパス回しを行うことでポーランドとの得点を0-1で維持

コロンビア・セネガル戦が1-0でコロンビアが勝利したため、日本の決勝トーナメント進出が決まったのだった


BBC

この決勝トーナメント進出のための試合終了間際10分ほどの自チームによるパス回しにより海外、国内から非難を浴びる事となった

海外の日本チームに対する非難の声

Yahooニュースによると

イギリスのレオン・オズマン氏

本当に最後の10分は恥ずかしいような展開だった。ワールドカップでは見たくなかったし、茶番だよ

英公共放送のBBC

(日本は)セネガルが得点を入れれば敗退するかもしれず、
自分たちで得点すれば16強入りが確実になるのに、西ドイツ対オーストリア戦より奇妙だった

韓国紙

失点直後、日本は積極的にゴールを狙い、普通の試合だった。しかし、コロンビアが先制ゴールを決めたというニュースを聞くと、日本の態度は急変した。日本はこの結果に満足したかのように意欲のない試合をし、ポーランドもボールを奪おうとしなかった

スポーツマンシップが不足したスタジアムには観衆のブーイングでいっぱいとなった。スタンドからブーイングされても選手たちはものともしなかった。似たようなことはフランスとデンマークの試合でもあった。

とりあえず韓国にはワールドカップ史上最多ファール数のチームに「スポーツマンシップ」を語るなとだけは言っておきたい

 

ネット上では海外・国内ファンから賛否

ネット上では国内・海外のサッカーファンから

「立派な戦術」「最善」 「日本らしくない」「こういう日本は見たくなかった」「フェアプレーを汚した」「日本のアンフェアな振る舞いは世界の恥」 

など賛否の声が上がった

 

ブログ主の個人的意見としては・・・

やはり最後のパス回しはひいき目に見ても賛同出来るものではない

というのも、もしその作戦中セネガルが同点に追いつく事があれば取り返しのつかない事になっていただろう

それに、ベスト16に入ったとして初戦で無様に負けることになれば「セネガルの方が良かった」となるに違いない

また、今回の件で国内・海外のファンを敵に回してしまったようだ

結果、決勝トーナメントに進出出来る事となったが、今後戦う上で大きなリスクを背負ってしまった

せめて、得点を失わないように守備を固めつつ試合を進めることは出来なかったものだろうかと考えさせられる

もちろん失点もファールも出来ない難しい試合ではあったのだが

今回、酷評されるような戦術であったが決勝トーナメントに残ったからには、気持ちを切り替えて日本チーム未踏のベスト4目指して戦って欲しいと思う

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。