紀州ドンファン、地元紙に愛犬の「訃報」を出していた!埋葬時の動画あり

法律・犯罪
スポンサーリンク

5月24日に急死した「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏の愛犬イブちゃんが亡くなったのは5月6日でした

年齢は13歳だったようです

同犬種の平均寿命は13~17歳

関係者によると「数カ月前に予防接種を受けた時は、元気そうだったと聞いていた」と言い野崎幸助さんもよく散歩に出かけていたとの事

急死するような状態ではなかったようです

ちなみに奥さんのSさんはイブちゃんと一度も散歩する姿を見かけた事はないのだとか

 

地元紙に愛犬イブちゃんの訃報

野崎幸助さんは愛犬「イブちゃん」のお別れ会を盛大に行いたいと語っていたようですが、地元紙に訃報広告を出していたことも分かりました

〈御挨拶 野崎 イブは五月六日 午前三時三十五分 永眠致しました 葬儀は五月八日に相済ませました いつも野崎イブを可愛がってくださったことに深謝し衷心より御礼申し上げます 平成三十年五月九日〉

「喪主」として野崎氏の名と、「喪主の妻」として22歳の妻・Sさんの名が掲載されていたとの事

紀州のドン・ファン「急死の愛犬」のため訃報広告出していた│NEWSポストセブン
「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山の会社経営者・野崎幸助氏が覚醒剤中毒で死亡した事件で、捜査当局が注目しているのが「愛犬」の死因だ。野崎氏が飼っていた「イブちゃん」は、5月6日に急死。急に具合が悪…

またNEWSポストセブンでは愛犬イブちゃん埋葬時の動画をツイッターで公開しています

愛犬イブちゃん埋葬時の動画

デヴィ夫人「とにかく『トランペットを上手に吹ける人を探してほしい』と。『(イブは)白浜のエアポート前の広場を駆けずり回るのが好きだったからその広場で演奏してほしい。そして浜辺も走り回っていたので、そこでも浜辺から海に向かって演奏してほしい。そして神社で演奏して最後に自宅に来て演奏してほしい』といわれて、すぐ探しまして…」

自殺はない?“紀州のドン・ファン”が亡くなる前に準備していた愛犬イブの壮大なお別れ会 | 直撃LIVE グッディ!「せーの!グッディ!」

南紀白浜空港
https://goo.gl/maps/Upww8AodxGL2

野崎幸助さんの自殺は考えられない

野崎幸助さんは「愛犬に遺産相続するわ」と語っていた事もあり、自殺するにしても愛犬イブちゃんのお別れ会が終わった後にと考えることでしょう

7日午前8時ごろに掘り起こし作業が行われましたが、その後警察からの発表はまだありません

野崎さんによるとイブちゃんに「もがき苦しみ、手をかまれた」とのこと

かわいそうでなりません

野崎さん、イブちゃんともに他殺による急死であるなら、早急に犯人が特定され厳しい処罰を与える事を望みます

野崎幸助さん・イブちゃんのご冥福をお祈りします

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。