分煙はもう古い!喫煙者を採用しない会社現る!

企業・就職
スポンサーリンク

喫煙者はさらに生きにくい時代になってきた

タバコを吸う者は企業に就職も出来なくなりそうだ

プログラミング教育事業などを手がける「div」(東京都渋谷区)の真子就有(ゆきなり)社長が2018年4月28日、「今後、喫煙者は一切採用しないことを決めました」とツイッター上で明らかにした。

meeba

div inc. - 人生にサプライズを プログラミングキャンプ「TECH::CAMP」を運営している株式会社divのWEBサイトです。
プログラミングキャンプ「TECH::CAMP」を運営している株式会社divのWEBサイトです。

 

喫煙者採用せず!現在の喫煙者には禁煙治療費を会社負担

だいくん
だいくん

社内での喫煙は禁煙者との間で問題になっていることもあるようだからね

わーちゃん
わーちゃん

職場内での喫煙は副流煙の害もあるし、タバコ休憩というのも喫煙者にすれば納得出来ない話だろうしね

だいくん
だいくん

この真子就有(ゆきなり)社長は、「法の範囲で個人の生き方は自由です」

と前置きしつつ、喫煙には害しかないと断じているね

その上で、禁煙のための治療費を会社が負担するとまで言ってるね

わーちゃん
わーちゃん

社内でよほど問題になったのかもしれないね

禁煙のための治療費が会社の経費で支払われる事には、禁煙者は納得出来ているのかしらね

だいくん
だいくん

そこまでは分からないけど、もともとタバコを吸わない人にとってはなんで喫煙者に会社のお金を使わせてあげないといけないのかと感じる人もいるだろうね

タバコの害のないクリーンな空気の会社になるなら禁煙者には喜ばしいことだろうけど

これからもこういった会社は増えていくんだろうね

 

奈良の市役所では喫煙後45分間エレベーター使用禁止

だいくん
だいくん

そういえばちょっと前にタバコを吸った人は45分間エレベーターの使用禁止という市役所が話題になってたね

奈良県生駒市が、喫煙した職員は「45分間、エレベーターの利用を禁止」とする受動喫煙対策を4月1日から導入する。庁内での表示で、来場者にも同様の協力を求めるという。

喫煙後の室内や服、息などから検出される残留タバコ成分に接触することで生じる「三次喫煙」対策の一環。密閉された空間で、喫煙後の息に含まれる有害なガス成分を周囲の人が吸い込むのを防ぐのが狙い。

HUFF POST

大和浩・産業医科大教授

だいくん
だいくん

TVOC濃度が高いことは「シックハウス症候群」の原因となるようだよ

TVOC濃度は400μg/立方メートル以下にすることように定められてるみたいだね

エレベーター内で数分同じ空間にいるだけで、害になるとは考えにくいけど受動喫煙に敏感な人にとっては気になる数値だろうね

わーちゃん
わーちゃん

口臭もそうだけど、衣類や髪からのタバコのニオイは気になるわね

ついさっき吸ってきたひとならだいたい分かるもの

ニオイと一緒に空間も汚しているなら、禁煙者としては喫煙を控えて欲しいわよね

 

喫煙は時代遅れ?喫煙者排除の時代へ

だいくん
だいくん

昔は駅のホームはもちろん、列車やバス、飛行機の中でもタバコは吸えたらしいね

今では禁煙スペースすら設置してない駅もあるようだけど

ますます喫煙者の肩身は狭くなるばかるだね

わーちゃん
わーちゃん

昭和の時代の人にとってタバコは当り前だったけど、今は時代が違うからね

私のまわりでもタバコを止めた人は多いけど、止めてしまえば案外気にならないみたい

今タバコを吸ってる人も止めた方が、今の時代にはストレスなく生きられるかもしれないね

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。