ラブホには関係ないけど、GoToトラベルを分かりやすくざっくり解説

新型コロナウイルス

7月22日より始まったらしいGoToトラベル事業

新型コロナウイルスにより旅行業界は大ダメージを受け売上が去年の1割や2割、つまり8割9

割の減少といった宿泊施設もあるとのこと

非常事態宣言の解除で除々に宿泊施設にも動きが見え始めて来ているにしても、まだまだ十分な利益を確保するには程遠い状況でしょう

 

このような状況を打開すべく政府が打ち出したのがGoToトラベル事業です

どういった内容簡単に言えば

旅行代金が半額になるからみんな旅に出ようよ!

ということのようです

が、現在7月28日時点では「東京都のみ除外」

他の地域から東京都へ旅行に行くのも、逆に東京都民が他の地域へ旅行に行くのもGoToトラベル対象外

国民全員で旅行を楽しもう!ただし東京都。テメーはダメだ

そんな感じです

政府も現在のように東京都の新型コロナウイルス感染者数が300人以上/日にもなるとは考えていなかったのでしょう

政府側からも新型コロナウイルス感染拡大が収まらないのは東京都のせいとでも言いたげな発言が出ていますね

とは言え、すでに開始されたGoToトラベル事業

8月にはお盆の時期を迎え、自粛疲れの気分転換に旅行でも行こうかと考える方も少なからずいるのではないでしょうか

GoToトラベル事業とはどのようなものなのか

このあとでざっくりとご説明します

と、その前に

 

ラブホテルはGoToトラベル事業対象外

ラブホ店長としてはこれはお伝えしておかないといけないでしょう

県外に旅行に行く時に宿泊施設にラブホを検討する方は少ないとは思います

だいたいラブホテルって予約出来ないところも多いですし

とは言っても、ラブホだって旅館業の営業許可も得てますし食品衛生の許可も取ってます

もちろん税金も払ってます

お盆や年末年始、ゴールデンウィークには県外ナンバーもお車も多く見えられます

旅行の際に利用されるお客様も多いのです

ですが、国土交通省官公庁のGoToトラベル事業の解説ページもは以下の一文が・・・

※性風俗関連特殊営業を営む宿泊施設を除く

はいはい

ラブホは本来アレな目的で利用する施設ですし、旅行先の宿泊施設を考えることは稀でしょうからね

国は主導する事業に風俗営業関連を含めると批判に対象にもされかねないでしょう

まあ予想はしてましたし

ということで、旅先で宿泊施設に困りラブホテルに泊まっても利用料金は半額にはならないのでご注意下さい

ラブホてんちょからのメッセージでした

 

GoToトラベル事業を分かりやすくざっくりと解説してみた

さて、せっかくだからこの機会にちょっと旅行でもと考えている方

GoToトラベル事業の詳細は以下のページに解説してあります

 

とりあえずGoToトラベルってどんなんだ!?

まあ、いろいろと書いてあることを要約すると

旅行代金の半額(上限2万円)を国が支援するよ!日帰りもおk(上限1万円)

という事

ただし!

半額(50%)が支援されるのは9月以降出発の旅行についてです

それまでは

旅行代金の35%だけとなってます

旅行代金の支援は旅行代金割引と地域共通クーポン合わせて旅行代金の半額となるようになっているので地域共通クーポンが開始される9月までは半額支援とならないワケです

 

地域共通クーポンとは旅行先で使える商品券のようなもの

旅行代理店や宿泊施設から配布されます

せっかく旅行に行くならきっちり半額まで支援される9月過ぎてから行きたいものですが、8月にはお盆という大型連休がありますね

9月に入ってからではゆっくり休めないというご家族も多いんじゃないでしょうか

このあたり、どうせ7月22日からGoToトラベル始めるなら最初から地域共通クーポンも使えるようにしてもらいたいたかったですよね

 

連泊も対象!5泊なら上限10万円の支援!

旅行代金の支援は旅行代金割引と地域共通クーポン合わせて1人1泊あたり最大で2万円です

5泊なら10万円!

4人家族で1週間利用すれば4人☓7日☓2万円

旅行代金112万円で最大56万円の支援が受けられることになりますね

もちろん自費も56万円ですし、とりあえず旅行代理店や宿泊施設への支払い(合計112万円)は先にしないといけません

とりあえず56万円あれば112万円分の旅行が楽しめるということではないのです

※支援額は後日還付されるものですが、旅行代理店がセットプランを半額で提供している場合もあります

 

宿泊施設ならどこでも支援が受けられるワケじゃない

上限は2万円だけども、きっちり半額分の旅行代金支援される9月以降に旅行に行こうと決めたとしてもどこのホテルや旅館に泊まっても支援が受けられるというワケではないのでご注意

GoToトラベル事業に参加登録してある宿泊施設でないと支援は受けられないのです

しかもその参加条件は以下のように厳しめな条件が提示されています

参加条件を満たしてないと登録を取り消す場合もあるとの事

保健所が見に来るかどうか分かりませんが、上記をきちんと守られていないと同業者がチクるってこともありそう

「個別のお客様専用トング」ってお客様1人にひとつずつトングを持たせろって事だと思います

授業員での取り分けとかもやるとなったら、もう個別に定食出した方が問題なさそう

バイキング形式・ビュッフェスタイルは集客の目玉としている宿泊施設も多いですが食事をバイキング形式・ビュッフェスタイルで提供するのは難しそうですね

 

まずは宿泊したいと考えているホテルや旅館にGoToトラベル事業に参加しているか、どのような新型コロナウイルス対策をしているのか聞いてみるのが良さそうです

 

新型コロナウイルス感染者、全国で1,200人超え

政府が主導するGoToトラベル事業開始をあざ笑うかのように全国で感染者が拡大していますね

7月初旬の時点ではまだこのような事態になるとは予想していなかったのではないでしょうか

それがまず東京都から連日100人を超える新型コロナウイルス感染者の報告

ここ最近では東京以外の地域からも100人前後やそれ以上の感染者

7月23日から7月26日までの4連休での感染があれば、その数字は8月初旬に表れてきます

 

現在(7月30日)GoToトラベル事業については東京都を対象から除外していますが、政府は今後他の地域についても除外する可能性があると発言しています

となれば、旅行客は楽しみにして予約はするもののGoToトラベル事業から除外されれば予約キャンセルする可能性は少なくないでしょうし宿泊施設にも大きな損害となりそうです

その場合のキャンセル料についても、また政府が補填すると明言するのでしょうか

低迷する旅行業界に手を差し伸べたつもりが大きな混乱を招く結果になるような気がします

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました