既に海外?警備会社から現金3億6千万円を盗んだ男の防犯カメラ映像を公開

国内

令和3億円事件とも呼ばれる警備会社の金庫から従業員が3億6千万を盗んだ事件

伊東拓輝容疑者(28)は9月4日に犯行後、3週間以上となる9月26日現在未だ逮捕に至っていません

警察は東京都内で宿泊後チェックアウトする伊東拓輝容疑者を映したホテルの防犯カメラの映像を公開し、情報提供を呼びかけました

 

 男が運ぶ大きなリュックサックと2つのスーツケース。中には、現金が詰まっているとみられます。男は今月4日、埼玉県三郷市にある警備会社「アサヒセキュリティ」三郷本部の金庫室から現金3億6000万円を盗んだとして、今月9日公開手配された元社員の伊東拓輝容疑者(28)です。

警察によりますと、伊東容疑者は、金庫室で現金を段ボール箱4箱に詰め、会社の郵便物に紛れこませて自身が契約している東京・渋谷区の私書箱に郵送。翌5日に無断欠勤して私書箱で段ボールを受け取り、東京・中央区のホテルの室内で、現金をリュックサックとスーツケース2つに移し替えたとみられます。

公開された映像は、伊東容疑者がホテルを現金が入ったリュックなどを持って出ていく場面で、この後伊東容疑者は徒歩で移動した後、タクシーに乗ったということです。

yahooニュース

 

ホテルの防犯カメラから伊東拓輝容疑者のチェックアウト様子が映像で公開されましたが、疑問に感じるのは3億6千万円もの大金を盗まれた警備会社である「アサヒセキュリティ」から映像が提供されていないこと

金庫周辺には防犯カメラでの監視はなかったのでしょうか

もし、防犯カメラの設置がなかったとしたら警備会社としてはお粗末としか言わざるを得ませんね

会社内部の情報になるので公開出来ないだけなのかもしれませんが

 

すでに犯行から3週間を超えますが伊東拓輝容疑者は3億以上もの大金を持ってどこに潜んでいるのでしょうか

もしかしたらもう海外に逃亡してしまったのでしょうか

海外逃亡したのなら、警察の捜査により海外出国者を調べて確定することは出来ると思われます

ですが、そのような情報は出て来ていません

 

しかし偽造パスポートを使ったならどうでしょうか?

伊東拓輝容疑者が警備会社から3億以上の大金を盗み、その先の海外逃亡まで計画を立てていたとしたら・・・

実際、ツイッターなどでは偽造パスポートに関する情報を見ることが出来ます

 

これらのツイートを見ると意外と簡単に偽造パスポートを手に入ることが出来そうです

もちろん金額次第でしょうが、3億以上の大金を持つ伊東拓輝容疑者にははした金でしかないでしょう

 

 

伊東拓輝容疑者は海外に逃亡してしまったとして3億6千万円の現金はどうなっているのでしょうか

船や飛行機で持ち出すには税関を通る際にリスクがありすぎます

郵便では最高200万円まで送ることが出来るようです

書留・保険付とした場合に限り、最高200万円まで送ることができます

日本郵便株式会社

ただ、3億6千万円を200万円ずつ送るには180回必要

協力者が必要ですね

 

国内に潜んでいるにしろ海外逃亡したにせよ、伊東拓輝容疑者には協力者が存在する可能性が高そうです

あおり運転と暴行を行った宮崎文夫容疑者にも、逃亡を手助けする女性がいましたね

 

窃盗罪の公訴時効は7年です

被害額の大小は関係ありません

窃盗罪の公訴時効は他人の物を盗んでから7年が経過すると,公訴時効が成立し,それ以後はこの事件について検察官は起訴することができなくなります

弁護士法人中村国際刑事法律事務所

 

現金を会社の郵便物に紛れ込ませ私書箱に送るなど用意周到な伊東拓輝容疑者ですから、7年の時効を乗り切る算段も出来ているのかもしれません

警察は威信にかけて全力で伊東拓輝容疑者を見つけ出して欲しいものです

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました