「わかば」「エコー」旧3級品タバコが販売終了、でも葉巻タイプ20本360円で登場予定

注目のアイテム

安いタバコと言えば「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」

これらのタバコは旧3級品といって同じ20本入りでも紙巻きタバコより100円ほど安く買うことが出来ます

メビウスシリーズは20本入り480円
わかばは20本入り360円

タバコの値上げが続くため、「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」に変えたという人も多いのではないでしょうか

ですが、これらのタバコは10月以降販売終了とのこと

いっそのこと、これを機会に禁煙をと思う方もいるかもしれませんが、20本入り360円という同じ価格で「わかば・シガー」「エコー・シガー」が葉巻タイプとなって販売されるようです

日本たばこ産業(JT)は24日、「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」の3銘柄を10月以降、在庫がなくなった段階で販売を終了すると発表した。「旧3級品」と呼ばれる銘柄の軽減税率が9月末に撤廃されることから、大幅な値上げが避けられず、販売の継続は難しいと判断した。

販売を終了する(左から)「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」=共同
画像の拡大
販売を終了する(左から)「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」=共同

3銘柄の発売年はゴールデンバットが1906年、わかばが66年、エコーが68年。通常の紙巻きたばこより税率が低いため、手ごろな価格のたばことして長く、喫煙者に親しまれてきた。

今後は紙巻きより税率が低い葉巻タイプの商品にブランドを引き継ぐ。「わかば・シガー」(20本入り、360円)、「エコー・シガー」(同、350円)の2種類で、9月中旬に発売する。

JT、「わかば」「エコー」など3銘柄終了へ(写真=共同)
日本たばこ産業(JT)は24日、「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」の3銘柄を10月以降、在庫がなくなった段階で販売を終了すると発表した。「旧3級品」と呼ばれる銘柄の軽減税率が9月末に撤廃される

旧三級品のタバコとは?

製品にする時にタバコの葉の中でも質のあまり良くない葉があったりします

そういった葉を利用することで作られる紙巻きタバコが旧三級品

だから安く提供されているのですね

葉巻タイプってどんなの?

葉巻タイプとは文字通りタバコの葉をタバコの葉っぱで巻いたもの

こんな感じ

かっこいいですが、持ち運びに不便な気もしますね

禁煙が当たり前の昨今、こんなの吸ってたらかなり軽蔑の目で見られそうです

ですが、紙巻きタバコのような葉巻きタイプもあるようです

葉巻(シガー) | JTウェブサイト
葉たばこのみを使用し巻き上げたたばこ「葉巻(シガー)」についてのご紹介です。「葉巻(シガー)」の発祥や構造をご紹介しています。

見た目、紙巻きタバコと変わりありませんね

なぜ紙巻きタバコと葉巻きタバコの税率が違って、葉巻きタイプだと安い価格を維持出来るのか分かりませんが20本入り360円で販売されるのは愛煙家にとっては朗報でしょう

9月中旬から販売されるようですね

どうしても禁煙出来ないという方は試してみるのも良いかもしれませんね

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました