【エース交通】走行中にスマホ使用のタクシー運転手、乗客にキレられてツイッターに拡散される

事件・事故

バレないとでも思ったのでしょうか

乗客を乗せたタクシー運転手がこともあろうか走行中にスマホを閲覧したりメガネを外して操作するなどあってはならない運転をしていました

それを後部座席から見ていた乗客はさすがに身の危険を感じたのかたまらずツイッターでその様子をツイート

多くのリツートやいいねを集めています

タクシー運転手のスマホ使用の理由は目的地検索

タクシー運転手がスマホを見ながら運転していた訳は目的地への経路が分からず、スマホをナビとして使用していたとの事

7月10日にツイッターに動画を投稿した投稿者によると、このタクシーは神奈川県藤沢市のエース交通に所属する車だった。7月10日の11時45分頃に藤沢市の湘南台駅から乗車したところ、目的地がわからなかった運転手がスマホで住所を調べ始めた。運転席の前にはナビとおぼしきディスプレイもあるが、運転手は運転中でもスマホのマップをチラチラ見ていたという。動画を見ても、走行中にもかかわらず眼鏡をはずしてスマホを触り、またハンドルから手を放す瞬間もある。

走行中のタクシーで運転手がスマホ 動画が拡散され会社側が謝罪 - ライブドアニュース
走行中のタクシーで、スマホをいじる運転手。乗客の「死にそうなんだが。いい加減にしてくれ」とのコメントともに投稿された動画が、ツイッターなどで拡散されている。J-CASTニュースは2019年7月11日にこの動画の撮

タクシー運転手にとっては業務に必要でやむなくとの言い訳があるかもしれませんが、乗客からすれば危険運転と感じて当然の行為です

安全に目的地まで運んで貰うために払う運賃も、こんな運転には払う気しませんよね

記事によればエース交通はJ-CASTニュースの取材に対して謝罪を表明したとの事

「社内規定の前に道路交通法で禁じられていることであり、申し訳なく思っております」

二度とこのような運転がなされないよう教育して欲しいものです

スマホ使用のながら運転の罰則は年々厳しくなっている

現在、スマホを運転中に使用した場合の罰則は3か月以下の懲役または5万円以下の罰金

今年12月に施行される改正法では6月以下の懲役に引き上げられることになっています

 改正法では、携帯電話を操作しながら運転し、事故を起こすなど交通危険を生じさせた場合、1年以下の懲役または30万円以下の罰金が科される。危険がなくても「携帯電話使用(保持)」違反になり、6月以下の懲役刑を設けた。

携帯操作しながら運転、罰則強化…改正道交法成立 : 政治 : ニュース
 車の運転中に携帯電話を操作する「ながら運転」の罰則を強化した改正道路交通法が28日、衆院本会議で可決、成立した。ながら運転の規定は今年12月までに施行される。  改正法では、携帯電話を操作しながら運転し、事故を起こすな

その理由としてスマホ使用での運転で多くの事故が発生しているためです

 警察庁によると、スマホ通話や携帯操作などが原因の交通事故は昨年、2790件起き、このうち42件は死亡事故だった。

罰則が強化されるのも当然と言えます

動画やSNSなどを見ながらの運転で注意が疎かになり、その運転者の車に轢かれたり死に至るなどたまったものではありません

車を運転する者は「車は走る凶器」であるとの認識を忘れることがあってはならないと思います

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました