【半導体素材輸出規制】韓国が日本に撤回求めアメリカ・中国へ協力要請の方針【無駄】

法律・犯罪

日本政府が発表した半導体素材の輸出規制に対して韓国内では多くの批判があり、日本製品の不買運動などが始まっています

半導体製造のための材料や装置のほとんどを日本に依存している韓国

今回の輸出規制により韓国の半導体製造業はもって後4ヶ月と見られています

決定的な対抗策を持たない韓国政府は韓国製半導体の輸出先であるアメリカや中国と協力して日本の輸出規制を撤回させようと試みているようです

 【ソウル=豊浦潤一】韓国の康京和(カンギョンファ)外相は3日、国会外交統一委員会で、日本政府の半導体材料の対韓輸出規制への対応策について、「日本の措置により間接被害を受ける可能性がある国と協力していく」と答弁した。

日本からの部品で製造した韓国製の半導体は米国や中国などに輸出されてスマートフォンやパソコンの部品となっており、韓国は、米国や中国など関係国と協力することで、日本に圧力をかけ、規制を撤回させる方針とみられる。

表示できません - Yahoo!ニュース

アメリカや中国が韓国と手を取って日本に対して半導体素材の輸出規制の撤回を求める動きとなるでしょうか?

報復措置とみる韓国、日本は安全保障上の問題と見解の違い

そもそも韓国政府はこの輸出規制を「徴用工判決の報復措置」と見ているようですが、日本政府の見解を理解しようとしていません

安倍晋三首相は先月29日、大阪で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)閉会セッションで「自由、公正で差別ない貿易体制の維持と発展」を強調した。その彼がこの2日間で経済報復の先頭に立ったことは実に品格のない姿勢だと言わざるをえない。

安倍首相は「国と国との信頼関係の上に行ってきた措置を見直したということ」としながら「WTO(世界貿易機関)ルールと整合的」と主張しているが、これは手の平で太陽を遮ることだ。今回の措置は誰か見ても感情が入った貿易報復だ。

【社説】名分も実益もない日本の貿易報復、すぐに取り下げるべき | Joongang Ilbo | 中央日報
日本政府が強制徴用判決に対する報復として、半導体やOLED(有機EL)の材料3品目に対する輸出規制に出たのは稚拙で愚かな行為だ。日本経済産業省は1日、韓国関連の輸出管理規定を見直し、半導体製造に不可欠..

 

世界が北朝鮮への経済制裁する中、影で支援する韓国

韓国の北朝鮮に対する瀬取りの事実や日本が輸出する半導体素材の北朝鮮での軍事利用を懸念して、日本政府はあくまで安全保障の問題と述べています

「安全保障上の輸出管理であり(韓国最高裁の強制徴用判決に対する)対抗措置ではない」

韓国はそれに耳を貸さず「元徴用工判決に対する報復」としか考えていないません

今回の措置は誰か見ても感情が入った貿易報復だ。

「誰が見ても」・・・韓国内での話しならですけどね

アメリカ・中国は韓国の協力要請に賛同するのか?

さて、このように半導体素材の輸出規制について国際上の安全保障の問題とする日本と元徴用工判決に対する報復だとする韓国の見解の相違がある中で、韓国はアメリカ・中国に日本の輸出規制の撤回を求めて協力を要請する方針を発表しました

自由主義国アメリカと共産主義国の中国の双方に助けを求めようとしているところに韓国の焦りが見え隠れしますが、韓国にとってははたしてどちらを同盟国と思っているのでしょうか

一応、今のところ韓国はアメリカと軍事同同盟にあるはずですが・・・

 

 

アメリカは北朝鮮の核開発や北朝鮮の瀬取りについて最も警戒しており多くの情報を持っていますので、おそらく日本の安全保障上の輸出規制について意を唱える理由はありません

経済的な被害についても、逆に世界一とされる韓国の半導体産業のシェアを手にする利益の方を重要視するのではないでしょうか

さらに言えば、今回の規制についてなどはG20以前からアメリカトランプ大統領も周知の事であったはずです

これらのことからアメリカが韓国に協力するとは考えられません

 

中国は以前より半導体産業において世界で大きなシェアを占めたいと考えていました

中国、悲願の国産半導体 CXMTがDRAM量産へ

【台北=伊原健作、北京=多部田俊輔】中国で年内にも、中国企業により国産化した半導体メモリーDRAMの量産が始まる見通しだ。国策会社の長鑫存儲技術(CXMT)で量産のメドが立った。中国企業による半導体国産化を巡っては別の国策会社の計画が昨年、米国の横やりで頓挫したばかり。中国が悲願の半導体国産化に向け、手を緩めない姿勢が浮き彫りになった格好だ。米国との攻防激化は必至だ。

中国、悲願の国産半導体 CXMTがDRAM量産へ
【台北=伊原健作、北京=多部田俊輔】中国で年内にも、中国企業により国産化した半導体メモリーDRAMの量産が始まる見通しだ。国策会社の長鑫存儲技術(CXMT)で量産のメドが立った。中国企業による半導体

韓国内での半導体産業の衰退は中国にとってまたとないチャンスです

またファーウェイ製品について中国にもアメリカにも政府としてハッキリとした態度を示せなかった韓国の味方になるとも思えません

 

地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の件もありますし、アメリカも中国も韓国を信用して手を組もうとすることはないのではないでしょうか

「THAADは核攻撃の対象」と韓国を脅す中国 朴槿恵が二股外交のツケを払うのはこれからだ
韓国が地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備受け入れに動く。「中国の言いなりになるな」と米国に怒られたからだ。だが今度は、面子を失った中国から苛められることになる。「北の核」の余波は続く。

 

2018年の半導体世界企業ランキング

Samsung Electronics コリア 15.5%
Intel アメリカ 14.0%
SK Hynix コリア 7.6%
Micron Technology アメリカ 6.3%
Broadcom アメリカ 3.4%
Qualcomm アメリカ 3.2%
Texas Instruments アメリカ 3.1%
STMicroelectronics スイス 1.9%
Western Digital アメリカ 1.9%
NXP Semiconductors オランダ 1.9%

今後、半導体のシェアがどのように塗り替えられていくか楽しみです

日本の東芝さんも復権出来るといいですね

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました