窃盗17件、観光ビザで往復して空き巣を繰り返した韓国人「日本はやりやすい」

事件・事故

韓国人にとって日本は宝の山に見えるのしれません

韓国籍の男2人が観光ビザを使って来日を繰り返し、福岡市内で17件もの空き巣を繰り返したことが分かりました

韓国籍のチョ・クァンジュ容疑者(42)ら2人は、2018年12月福岡市早良区の住宅に侵入し、現金などを盗んだ疑いで逮捕されたあと起訴されています。

その後の捜査で、2人が2018年12月から2019年1月にかけて福岡市内で空き巣など17件の犯行を繰り返し、被害総額が約550万円に及んでいたことが分かり、警察は捜査を終結しました。

警察によりますと、2人は犯行のために観光ビザを利用し複数回来日していて、一部の盗品は福岡空港近くの公園に穴を掘って隠し、日帰りで福岡を訪れて韓国に持ち帰っていました。

調べに対し、2人は「日本は防犯カメラが少なくて犯行がやりやすかった」と容疑を認めているということです。

表示できません - Yahoo!ニュース

韓国と日本の往復の飛行機代は13,000円前後

韓国格安航空券と韓国往復航空券は【イーツアー】、韓国格安チケットは激安で。
韓国格安航空券と韓国往復航空券はイーツア...

それにかかる時間や手間もあるでしょうが、それでも日本にやってきて空き巣をするからには、よほど日本の方が盗みを働きやすいのでしょう

今回、捕まった韓国人以外にも日本で窃盗を働く韓国人は多くいるものと思われます

日本人は国外からの犯罪にも警戒しなければならないようです

 

2016年12月の記事で韓国と日本の監視カメラ設置台数についての記事がありました

韓国情報化振興院が2015年12月に発刊した「2015情報化統計集」によると、韓国に設置された監視カメラは約800万台と推測できるという。12.5平方メートル当たりに1台設置されている計算だ。

2010年頃に世界で最も監視カメラが多いとされたイギリスでも、その数は500万台ほどだったそうだ。ちなみに日本も公式の数字はないが、2012年7月の『日本経済新聞』には「防犯カメラ、日本に300万台 捜査にどう役立つの?」という記事があった。

800万台ものカメラが監視…韓国は世界一の“監視カメラ共和国”だった - ライブドアニュース
韓国では児童虐待の防止策として、幼稚園や保育園に監視カメラの設置を義務化している。しかし、その監視カメラをめぐる意見は、子どもを通わせる親と、子どもと過ごす保育士とで完全に分かれているという。育児政策

3年ほど前の情報ですが、その時点でも韓国はかなり監視カメラの設置が進んでいるようですね

日本は治安の良さもあり設置は今でも大幅に進んでいないようですが、最近の凶悪な事件を見るにつけ監視かめら、防犯カメラの設置は推進されるべきではないでしょうか

警視庁が全国の通学路に防犯カメラを設置へ、不審者やつきまといなどいち早く捜査

 

最近では監視カメラ・防犯カメラも低価格で高性能なものが多くなりました

動体検知で録画を開始、対象の自動追尾も可能

128GBのSDカードで最大10日間の録画

監視カメラで動きを検知するとスマホアプリに通知

12秒間は国内サーバーに無料で記録、重要な場面をしっかり保存出来ます

価格は5,888円(送料無料)とお手頃

Wifi環境が必要となります

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

防犯カメラ WIFI 無料クラウド 監視カメラ ペット 見守り 自動追尾 スマホ…
価格:5888円(税込、送料無料) (2019/6/27時点)

楽天で購入

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました