【大阪市】走行中の車の助手席側から67歳女性が転落後死亡、車はそのまま走り去る

事件・事故
スポンサーリンク

大阪市大正区で謎の多い事故が起きた

3日午前5時頃、走行中の車の助手席側から67歳女性が転落、その後死亡が確認された

だが、女性が乗っていた車はなんとそのまま走り去ってしまったという

運転中、同乗者が突然いなくなって気が付かない人間はいないだろう

後部座席の可能性もあるようだが、ドアが空いたり人が転落すれば当然気付く

メーター部にも「ドア開」が表示されるはずだ

現在は車の運転者と転落死した女性との関係は分かっておらず、事件と事故の両面で捜査中とのことだ

 3日早朝、大阪市大正区で、車から転落したとみられる女性が、その後死亡し、警察は事件と事故の両面で捜査している。

警察によると、大正区泉尾の路上で、午前5時10分ごろ、車を運転していた男性から「前の車から女性が転落した」と通報があった。女性は助手席側から転落したとみられ、右足が骨折するなどしていて、病院で死亡が確認された。

所持品などから大正区に住む67歳の女性とみられ、普段は同じ時間帯に徒歩やバスで出勤しているという。目撃情報によると、女性が乗っていたのは黒っぽい車で、そのまま北に走り去ったということで、警察は事件と事故の両面で、調べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000010-ytv-l27

死亡した67歳女性については所持品から勤務先やその関係者の話から通勤手段などが判明したのだろう

 

NHKの報道では通報により警察などが駆け付けた際には女性は意識不明ではあるものの亡くなってはいなかったようだ

警察と消防がかけつけたところ、女性が意識不明の状態で倒れていて、病院に運ばれましたが、間もなく死亡が確認されました。
警察によりますと持ち物などから大正区内に住む60代の女性とみられるということで、遺体に目立った外傷はないものの右足を骨折しているということです。

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190303/0013095.html

走行中の車から転落して「目立った外傷はない」とは驚きだが、車からの転落が死因でないのであれば、意識不明だったことからすでに何かの手段で死に至る直前だった女性を運転中の男性が車から突き落とした可能性が高そうだ

ただそれにしては大正区泉尾の路上というビルなどが立ち並び、走行中に後続車もいる状況で行う行為には疑問を感じ得ない

 

事故にしろ事件にしろ同乗していた女性が車から転落して、そのまま逃走したこの男性

早くこの男性の身元が判明して多くの謎が解明されることを待ちたいと思う

 

3月4日追記
警察の捜査により事故の真相が明らかに

付近の路上には近くに住む筒井カツミさん(67)が意識不明の状態で倒れていて、病院に運ばれましたが死亡しました。

警察が周辺の防犯カメラの映像などを調べた結果、筒井さんは車から転落したのではなく、現場を走り去った軽自動車にはねられていたことがわかったということです。

警察は、軽自動車を運転していた大正区の無職、秋山純二容疑者(68)を3日夜、ひき逃げの疑いで逮捕しました。

調べに対し、秋山容疑者は「その場を走り去ったことに間違いありません」と供述する一方、「人ではなく、物に当たったと思った」と述べ、容疑を一部否認しているということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190303/k10011834941000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

秋山純二容疑者(68)が走行していた車の後ろを走っていた車の運転手による「前の車から女性が転落した」との通報は見間違いだったようだ

真相はひき逃げ

警察の調べで「遺体に目立った外傷はない」と報じられていたことが気にかかるがひき逃げしたことは間違いないようだ

事故後走り去った理由を人ではないと思ったからというものの、車に衝撃はあったはずで停止後確認はすべきだろう

 

wikipediaによると人身事故を起こした際の「ひき逃げ」は自動車運転過失致死傷罪等と救護義務違反の罪の併合罪となる

また被害者明らかに死亡するであろう状況で逃走した場合には殺人罪や殺人未遂罪となることもあるようだ

秋山純二容疑者(68)の「人ではなく、物に当たったと思った」との証言が本心かどうか分からないが、そう思ったとしてもそれが何か分からない場合には確認しなければ助かったはずの命を失うことになる

ドライバーは車は「走る凶器」であるという認識を常に意識しておかねばならない

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。