東名あおり事件の石橋和歩被告、危険運転致死傷の他、暴行、強要未遂、器物破損の罪で公判中

法律・犯罪
スポンサーリンク

現在、去年6月に東名高速道路で起きたあおり運転を起因とする夫婦の死亡事故について石橋和歩被告が危険運転致死傷の罪に問えるかが注目されている

実は石橋被告はこの危険運転致死傷以外にも暴行罪、強要未遂罪、器物損壊罪についても起訴されている

また、検察側は危険運転致死傷についても罪に問えない場合の予備として監禁致死傷罪も主張

石橋被告が無罪ですべての判決を終えることはあり得ないが、検察としては被告の行為の重大性を鑑み量刑を重くしたい考えだ

 

危険運転致死傷については現在の法律では「走行中」との定義があるため、石橋被告を死亡した夫婦の車両が停車した状態で起きた今回の事故を適用出来ない可能性がある

検察側は停車後についても、あおり運転による危険運転と関連付けたい方針

 公判では「通行中の車に著しく接近し、かつ、重大な危険を生じさせる速度で車を運転する」という、自動車運転死傷処罰法が規定する危険運転の解釈が争点となる。検察側は冒頭陳述で「停車が原則禁止の高速道路で停車させる行為は重大な危険を生じさせる」と指摘。「停車前の妨害運転も含めて一貫した動機で行われており、一連の行動が危険運転にあたる」と述べた。

検察側はまた、石橋被告がワゴン車を停車させ、夫に暴行を加えるなどして高速道路上で監禁したとして、監禁致死傷罪の成立も予備的に主張している。弁護側はこれについても「停車時間が短く、監禁に当たらない。監禁の故意もない」と争う構えだ。

東名あおり運転、弁護側が無罪主張「停車後に事故発生」:朝日新聞デジタル
 神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、一家4人が乗ったワゴン車の進路を「あおり運転」で妨害して停車させ、トラックによる追突事故で夫婦を死なせたなどとして、危険運転致死傷罪などに問われた石橋和歩被告(2…

また以下の行為により「暴行罪」についても起訴された

降車後、嘉久さんの胸ぐら付近をつかみながら車外に引っ張った行為については「そのときの勢いでつかんだ」と話した。

あおり事故、被告謝罪 注意され「カチンときた」
神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受けて停車させられた夫婦が追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた建…

石橋被告は「胸ぐらではなく腕」と起訴内容と実際の違いを主張したが暴行罪については認めている

 

3回目の5日には初の被告人質問が行われ、涙声で謝罪も行われたという

――後ろの車を遮っていると思いませんでしたか?
そのことは何も思わなかったです。

――追突されるとは思いませんでしたか?
そん時は考えてなかったです。

――今はどう考えていますか?
相手の人に申し訳ないことをしたと思っています。(無表情)

――その後どうした?
Yさん(同乗の女性)が「子供いるけん、もうやめとけ」みたいな。

――言われてつかんでいた手は?
離しました。

――なぜ右手を離した?
子供を巻き込んだりしたら悪いと思って、それでやめました。(顔をタオルで覆いながら涙声で)

「子供を巻き込んだら悪い」と語った時、石橋被告の声は涙声になった。

404 Not Found

子供が乗車していることは、亡くなった萩山嘉久さんを車外へ引きずり出す時点で分かっていたと思われる

この時、

「なめてんのか。道路に投げつけてやろうか」

と萩山嘉久さんへ脅しの言葉をかけている

同乗していた子どもたちも側で聞いていたはずだ

2回目の公判で夫婦の長女の証言ではこう述べられている

 「父が車外から出されないように父の手をつかんだり、『やめてください』と石橋被告に訴えた」

はたして子供がいることを気遣って行為を止めたという証言を信じることが出来るだろうか

憶測だが、この時すでに同じ車線上を走ってくるトラックが見えていたのかもしれないと思うのだ

そのため、萩山嘉久さんへの脅しをやめて安全な場所へ一人で移動したのではないか

でなければ、なぜ石橋被告だけ無傷でいられたのだろうか

 

石橋被告の心情についても疑問を感じざるを得ない

弁護士から「最後に事件で亡くなったお父さん、お母さん、ご遺族に対して今どう思っている?」と問われた石橋被告は、「今回こういう事故を起こしてしまって申し訳ないことをしたと思います。本当にすみませんでした」と謝罪の言葉を口にし、ここでもタオルを顔に当てていた。

YouTube

前2回の公判から一変して石橋被告の態度が急変している感がある

それまでは石橋被告が涙を見せるような人間には誰もが思わなかっただろう

3回目の公判にして弁護士と相談の上、謝罪の態度により情状酌量を求めようとしているのではないだろうか

 

石橋被告は今回の東名高速での夫婦死亡事故以外にも強要未遂罪、器物損壊罪などで起訴されている

 石橋被告はこのほか、事故後の17年8月、山口市内で運転手に車外に出るよう強要したなどとして2件の強要未遂罪、1件の器物損壊罪で起訴されている

石橋和歩被告とはこういう人間なのだ

さらには、初公判前には産経新聞の記者に

「(面会するなら)30万支払え」

との手紙を送っているなど、それまで反省の様子は全く見られなかった

公判開始から数日で本当に心を入れ替え、自分の行いの罪深さを認めるなどということがあり得るだろうか

もし2回目の公判での長女の供述

「周りのみんなに迷惑をかけたくないから泣きたいときは夜に1人で泣く」

(両親の死亡を知って)「もう会えないと思って、悲しくなった」

を聞いて、心から反省と謝罪の想いにかられたのであれば、二度と今回のような行動を起こすことはないかもしれない

そう信じたいものだ

だが、それで被害夫婦や娘さんたちに対する贖罪が消えるわけではない

最大限重い量刑を科すべきだし、出来れば二度とハンドルを握らないよう願いたい

 

裁判は10日まで行われ、12月14日に判決が下される予定だ

警察庁、「あおり運転」などの危険運転に対し即免停を全国の警察に指示
警察庁は16日までに、「あおり運転」など危険な運転行為を行い、将来的に事故を発生させる可能性があると判断した運転者に対して、交通違反による点数の累積がなくても最長180日間の免許停止ができる道交法の規定を適用して防止するよう、全国の警察に指...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。