祖父母殺傷容疑の中3生、驚愕の動機「家族に迷惑かかるため家族を殺す」

法律・犯罪
スポンサーリンク

埼玉県和光市のマンション一室で高齢の夫婦のうち男性(87)が死亡、妻(82)が重傷で発見された事件で、同居していた中学3年生のこの夫婦の孫が殺人及び殺人未遂の容疑で逮捕された

 埼玉県警によると18日夜、被害女性から「早く帰ってきて」と連絡を受けた娘が刃物で傷付けられた夫婦を発見し、119番通報。事件後、少年と連絡が取れていなかったが19日午前、捜査員が東武東上線川越駅付近の路上で身柄を確保していた。その際、少年は刃物を所持していたという。

高齢夫婦殺傷 殺人未遂容疑で孫の中3男子を逮捕 埼玉・和光
埼玉県和光市のマンションの一室で18日夜、高齢の夫婦が殺傷されているのが発見された事件で、同県警は19日、重傷の妻(82)への殺人未遂の疑いで、夫婦の孫で県内の…

10月21日追記↓

捜査関係者によると、祖父母が刃物で切りつけられた際、祖母が少年に「死ぬ前にトイレに行きたい」と告げた。
少年は求めに応じ、祖母は午後6時50分ごろ、トイレの中から少年の母親である娘に「早く来て」と留守番電話を入れたという。

 

この少年は

「自分でやったことで間違いありません」

と容疑を認めたが、その動機について驚くべき供述をしていたことが捜査関係者から分かった

 埼玉県和光市の高齢夫婦殺傷事件で、逮捕された孫の中3少年(15)が「学校に許せない生徒がいて殺すつもりだった。家族に迷惑がかかるので、まず家族を殺してからにしようと思った」という趣旨の供述をしていることが20日、分かった。

逮捕の少年「迷惑かけないため」 埼玉、高齢夫婦殺傷事件 | 共同通信
埼玉県和光市のマンションで高齢夫婦が殺傷され、孫で中学3年の少年(15)が祖母(82)への殺人未遂容...

当初、殺害状況について男性の胸部に臓器に達するほどの深い傷や複数の刺し傷から、この祖父母に対して強い殺意があったかとされていたが事情が変わってきた

少年の供述では学校に殺したい生徒がいて、殺すと家族に迷惑がかかるためまず家族を殺すというものだ

驚くしかないだろう

「迷惑をかける」の意味と「迷惑をかけないため」にする行動が完全に常識から逸脱している

祖父母は少年がこの行為に及んだ際、その理由を聞かされていただろうか

大事な孫に突然刃物を向けられ、多数刺されて亡くなったのでは浮かばれないだろう

その時の状況は同じくその現場で首などを刺されて重傷の妻からいずれ聞くことが出来るであろうが、その口から孫の犯行を語らせるのはなんとも悲しい話しだ

 

少年についての周りの人々からの評判は特に悪くなかったようだ

 少年が通う県内の私立中学校によると、少年は犯行当日の18日も通常通り登校していた。教頭は取材に「パソコンが好きで、遅刻もほとんどなかった」といい、進路で悩む様子もみられなかった。関係者によると、家庭内や祖父母とのトラブルもなく非常におとなしい性格だった。

高齢夫婦殺傷事件で逮捕された少年に驚き「変わった様子なかった」 - ライブドアニュース
和光市の高齢夫婦殺傷事件で逮捕されたのは夫婦の孫で中学3年の少年だった。住民らは少年について「まじめ」「変わった様子はなかった」と驚きの様子。埼玉県警は殺人と殺人未遂の両容疑で捜査を進めつつ、動機の解明を急ぐ

また祖父母に関しては、孫思いの良い夫婦だったと思われる

 男性は小学校の元図工教師で人望が厚かったという。退職後、画家らを集め美術グループを結成。風景画などを描く傍ら、代表として東京都内のギャラリーで展覧会を開くなどしていた。メンバーの一人は「思いやりがある立派な方だった」と振り返った。

住民らによると、重傷の妻は少年が幼稚園の頃、毎朝バスまで送るなど面倒を見ていた。同じマンションに住む女性は「すごくいい人。あんなにお孫さんをかわいがっていたのに、本当に信じられない」と声を詰まらせた。

また、両親は「トラブル心当たりない」と話しているという

亡くなった祖父の命はもう戻ることはないが、少年には冷静になり自分の行動の過ちに自ら気付き、反省の日々を送ってもらいたい

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。