小中学校の冬のエアコン設定温度は概ね18℃、福岡市は「10℃以下で・・」

日常生活
スポンサーリンク

2018年の今年の夏は異常な暑さに見舞われましたね

各地で今までの最高気温を更新

観測史上最高記録は2018年7月23日、埼玉県熊谷での41.1℃でした

多くの人が熱中症で搬送され熱中症対策も連日テレビで放送

熱中症を予防しよう!熱中症になりにくい体質ってあるの?どんな食べ物がいいの?
熱中症での死者や救急搬送搬送の話題が昔に比べて多くなったと思いませんか? 年々、気温の高い日が多くなったことはもちろん大きな要因ですね こちらは気象庁の東京の平均気温データ140年分を東洋経済オンラインが視覚化したもの ...

そして注目されたのが、小中学校のエアコン設備状況

公立小中学校のエアコン設置率の格差が・・・愛媛県5.9%!香川県97.7%東京都はほぼ100%
公立小中学校のエアコン設置の是非が話題となっているが、現場では各都道府県のエアコン設置率に驚きの格差がありことも分かった なぜここまで地域により開きがあるのだろうか 文科省の平成29年度、空調(冷房)設備設置状況等調査結果は以下...

熱中症はもとより学習環境の改善という点から各地の小学校のエアコン設置率が見直されるようになりました

世論の高まりもあり、エアコン設置は急速に進んでいるようです

多くの市町村で来年度中には設置率100%達成の見込みを伝えています

これで少しでも、子供達に過ごしやすい環境になるといいですね

 

設置されたエアコン、夏と冬の設定温度は?

エアコン設置されたことで気になるのが設定温度

せっかくのエアコンも快適な温度でなければ意味ないですもんね

夏は30℃以下(ほぼ28℃)で統一されているようです

気になるのは冬ですが、なんと教室の室温が10℃以下でないとエアコンを使用しないという自治体もあるようです

環境省を始めとする各自治体の推進する「ウォームビズ」では推奨設定温度は20℃になっています

エアコンなど暖房器具の使いすぎによる地球温暖化を抑制するためにこういったキャンペーンが行われている訳ですが、大人は20℃で子供は10℃で我慢というのは少し理不尽な気もします

各地の小中学校の冬のエアコン設定温度を調べてみました

 

各教育委員会のエアコン運用指針

京都市教育委員会は「18℃」

稼働期間は概ね12月上旬から3月中旬

http://www.city.kyoto.lg.jp/kyoiku/cmsfiles/contents/0000042/42606/acsisin.pdf

このあたりが適正な設定方針ではないでしょうか

 

春日部市は「19℃」

これならしんちゃんも満足

http://www.boe.kasukabe.saitama.jp/sisetu/H28.7us.pdf

 

福岡市は「18℃」となっていますが、暖房運転を開始するのには条件があります

http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/48921/1/07.gidaisiryo5.pdf?20180713141405

「教室内の温度が10℃を下回ったとき」

つまり室温は11℃や12℃では暖房を付けてもらえないということです

 

これは文部科学省の学校環境衛生基準で

「教室の温度は10℃以上、30℃以下が望ましい」とあることから、10℃以上の室温なら問題ないという判断からでしょう

福岡市の子どもたちは室温が10℃以下かどうか、温度計をすごく気にすることになりそうです

 

同じ福岡県の筑紫野(ちくしの)市は「18℃」

http://www.city.chikushino.fukuoka.jp/data/open/cnt/3/4898/1/kuuchousetubiunnyousisin.pdf

同じ県でも市町村によって方針が違うようですが、概ね期間は「12月・1月・2月」で教室の室温は「18℃」といった感じです

 

健康には温度だけでなく湿度も重要

ただ、乾燥する冬にエアコンの使用は湿度の低下を招きます

インフルエンザウイルスは、一般に高温多湿環境では生存率が低下すると言われています。乾燥しているとインフルエンザの生存率が高くなり、感染しやすくなります。

湿度と健康 | 加湿機 | もっと詳しく | パナソニック エコシステムズ株式会社 | Panasonic
パナソニックの加湿機のこだわりを紹介しています。湿度とインフルエンザ、快適湿度について説明しています。

教室の室温だけでなく湿度にも注意する必要があるでしょう

加湿器などの対策が必要ですね

 

小中学校のエアコン使用については「昔は~」などと賛否ありますが、そもそも昔と今では環境も子どもたちの体力も違っています

時代の変化とともに過ごしやすい環境を大人が整えてあげるべきでしょう

親としては教室が少しでも快適な空間になったなら、子どもたちにも今よりももうちょっと勉強に頑張って欲しいと思ってしまいますが、これは欲張りすぎでしょうか(笑

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。