【スマホに突然アダルト画像が!?】近くの誰かにわいせつ画像を送信!反応を楽しむ

企業・経済
スポンサーリンク

電車内や人の多いところで突然、自分のスマホにわいせつな画像が表示されたことはないだろうか?

スマホによるわいせつ行為は盗聴や盗撮など後を断たないが、今回逮捕されたのはこれまでにないスマートフォンを使ったわいせつ行為

「近くの」「誰かに」無差別にアダルトな画像を送信、表示させてその反応を見て楽しむといったものだ

 

 近くにあるスマートフォン同士で画像などを送受信できる機能を悪用し、電車内で他人のスマホにわいせつ画像を送りつけたとして、大阪府警堺署は15日、和歌山県橋本市に住む会社員の男(45)を府迷惑防止条例違反(卑わいな言動)容疑で書類送検した。

男は容疑を認め、「これまで80回くらいやった。女性が恥ずかしがる表情を見たかった」と供述している。

発表では、男は6月22日夜、南海高野線の天下茶屋(大阪市)―堺東(堺市)間を走行中の電車内で、不特定多数の乗客のスマホに、自分のスマホからわいせつ画像1枚を送信し、閲覧させた疑い。

YOMIURI ONLINE

 

どうやってわいせつ画像を送信しているのか

これには「BLE(Bluetooth Low Energy)/省電力近距離無線通信技術」を利用した最新の位置情報特定技術というビーコンの一種を利用している

iphoneなら「iBeacon」、androidなら「Eddystone」といったビーコンが提供されてる

詳しい方法は掲載しないが、例えばスマホのブラウザでアダルトサイトのURLをビーコンにセットしておいて送信すれば、十数メートルの範囲内にBluetoothを起動させている相手がいれば強制的にそのURLを送りつけることが出来る

また「Eddystone」はオープンソースの為、知識のある者なら自由にカスタマイズが可能

新時代のわいせつ犯罪と言えるのではないだろうか

 

本来は企業の広告やクーポンを送信する機能

「LINE Beacon」をご存知の方もいるかもしれない

本来、こういったビーコンの機能は最近ではオフラインでの企業広告向けに展開されてきた

 

「LINE Beacon」はLINEの設定画面を開き、「プライバシー管理」から「LINE Beaconを利用する」をONにすることで利用出来る

するとLINE公式アカウントやLINE@の企業・店舗などからの情報をある特定の場所に近づくことで送信されるようになる

この位置情報の精度がどれくらいかと言えば数cm~数十cm

まさにピンポイントで監視されているようなイメージ

店舗などに近づくことでクーポンなどが送信されお得に利用出来るといった半面、何曜日の何時にどこにいたかなど、あなたの行動履歴は企業などに筒抜けになってしまうだろう

利用には十分検討した上で行う方が良いかもしれない

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。