公衆無線LAN、大阪府全域で開放!設定不要、無料で利用可だが問題も

IT・アプリ
スポンサーリンク

6月18日より大規模災害発生時に被災者の通信手段として提供することを目的とした公衆無線LAN00000JAPAN(ファイブゼロ・ジャパン)』が、大阪府全域で順次無料開放されました

ドコモ・au・ソフトバンクのwifiスポットでSSID「00000JAPAN」(ゼロが5個)が表示されたら、それを選択するだけで利用可能となります

これは6月18日朝8時頃に大阪北部で発生した震度6弱の地震後、さらなる大きな地震発生の可能性があることを受けて大手キャリア3社が対応したものです

このサービスは今後大きな地震が来ないだろうと判断された場合にサービスを終了することになります

大阪北部、震度6弱の地震の原因は?今後はいつどこで起きる?東日本大震災との違いは?
2018年6月18日の今日午前7時58分に大阪北部で発生した地震 最大震度6弱 マグニチュードは6.1 との発表が気象庁からありました 震度6弱を観測したのは 大阪北区茶屋町 高槻市立第2中学校 枚...

 

公衆無線LANを使う際の危険性

自分の通信ギガを減らさずインターネットが無料で使える公衆無線LANは非常にありがたいものです

ですが無料ならではの問題もあります

無線LANが比較的問題なく使えているのは「暗号化通信」によるものです

無線LAN機器に固有の暗号を付与することで他人にはその内容が読み取られないようになっています

つまりパスワードを使用しない公衆無線LANは通信内容を他人が読み取ったり改ざんしたり出来る可能性が高くなります

ID・パスワードでログインが必要なネットショッピングやネットバンキングなどは公衆無線LANで行うべきではありません

 

また、SSL対応していないサイトに接続することも危険があります

アドレスバーに緑色の鍵のマークが付いていれば安心して接続出来るサイトです

サイト閲覧時はサイトから受信するデータ以外にも、自分の端末からのデータも送信しています

送受信しているデータは書き込み内容など「目に見えるデータ」だけではありません

もしこのマークが付いていないようなら、あなたの通信内容はサイト運営者に筒抜けであると理解しておいて下さい

偽公衆無線LANにも注意

無線LANはID(SSID)を自由に設定する事が出来ます

悪意のある者は公衆無線LANと同じIDの無線LANを提供して通信内容を傍受

そのデータを利用したり改ざんしたり、さらには端末に侵入という事が可能です

現在のところ偽「00000JAPAN」が発見されたり被害にあったりという報告はありませんが、その可能性は存在します

残念ながら「00000JAPAN」が本物か偽物かを端末で判別することは出来ません

近くに大手キャリアの無線LANスポットであるというステッカーなどが掲示されているかどうかで見分けるしかないようです

無料で気軽に使える公衆無線LANですが、どうしても必要な場合以外は使わないというのが賢明な利用方法となります

 

知っておきたい災害時の伝言サービス

NTT西日本が提供する災害用伝言板「web171」

災害時TOP画面 | 災害用伝言板(web171)

地震や集中豪雨の際、携帯などの通信が繋がりにくい状況となる場合があります

そのため、NTT西日本では専用の災害用伝言サーバーを設置

安否確認などのための災害用伝言板サービスを提供します

これは震度6弱以上の地震が発生した場合に利用可能となり、今回の大阪北部の地震を受けて現在利用出来るようになっています

いざという時のためにも、ブックマークしておいた方が良さそうです

ですが、出来れば使う必要がないことを望むばかりです

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。