6.12米朝首脳会談4つの合意、その内容と日本の今後の立場について

政治
スポンサーリンク

6月12日、当初の予定どおり、ひとまず北朝鮮キム委員長とアメリカトランプ大統領との米朝首脳会談が実現しましたね

合意した内容は以下の通りです

1.平和と繁栄に向けた米国と朝鮮民主主義人民共和国の国民の願望に従い、両国は新たな関係の構築にコミットする

2.米朝両国は朝鮮半島での永続的かつ安定した平和体制の構築に向けて共同で取り組む

3.2018年4月27日の板門店宣言をあらためて確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化向けて努力することにコミットする

4.米国と北朝鮮はPOW(戦争捕虜)とMIA(行方不明米兵)の遺骨収集にコミットする。これらには既に身元が判明した分の即時本国送還を含む

拉致問題について含まれていないという意見もありますが、合意文書としては日朝間でなされるべきでしょう

 

トランプ大統領、米朝会談で「拉致」については取り上げた

こちらのサイトの速報では

Bloomberg - Are you a robot?

トランプ大統領は「拉致問題」について話し合ったということです

具体的内容については語られていません

安倍首相はこれについて謝辞を述べ、直接トランプ大統領から聞きたいとしています

完全な非核化・経済支援はいつになるのか

今回の対北朝鮮問題、最大の焦点は

北朝鮮の完全な非核化、それに伴う北朝鮮への経済制裁の解除

ですが具体的な日時など決まっていないようですね

トランプ大統領は完全な非核化には時間がかかると北朝鮮に配慮したコメントをしていますが、経済支援については積極的に参加する気はありません

非核化の見返りとなる経済支援については、米国による資金拠出の可能性を否定しつつ、日本や韓国、中国の協力を求める立場を明らかにした

日本経済新聞

トランプ大統領の発言を聞くと「完全な非核化」後ではなく「経済支援」と「非核化」の同時進行を行う方向に見えますね

ただ、そのアメリカが経済支援には消極的

日中韓が非核化後ではないのに経済制裁の緩和及び経済支援を開始出来るでしょうか

合意の中には経済制裁について含まれていません

つまりこの合意が北朝鮮にとっては経済支援を約束したものではないけれども、米朝でいい雰囲気なんだから今後は日中韓でうまいことやってくれよといった、いわゆる「丸投げ感」ありありなのです

 

日本が北朝鮮への経済制裁緩和する条件とは

中国はもとより対北朝鮮の経済支援については甘い部分が多くあります

韓国は文大統領の態度を見るにいつでも経済支援を行う気はあるでしょう

トランプ大統領米朝首脳会談、延期決定!その理由を考察してみた
5月24日、アメリカトランプ大統領が書簡にて米朝首脳会談の延期を北朝鮮キム委員長に伝えた その内容の全文はこちら 6月12日にシンガポールで開催される予定であったアメリカ−北朝鮮両国の期待のサミットへの交渉と議論に関して、貴...

残された日本だけが「拉致問題」に固執し経済支援を行わないことは、対話ムードを壊し非難を浴びることになるでしょう

安倍首相がどこまで「拉致問題」「非核化」について妥協し、北朝鮮への経済制裁の緩和を始める事が出来るのかが焦点となりそうです

まずは日朝首脳会談がいつになるのか注目したいところです

 

 

昼食会ではハーゲンダッツアイスを食べたのだとか・・・

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。