【速報】米朝首脳会談延期発表後の北朝鮮キム委員長のコメント

スポンサーリンク

CNNニュースは5月24日、米朝首脳会談を書簡にてキャンセルしたトランプ大統領に対しての北朝鮮キム委員長のコメントを発表

北朝鮮は、金正日(キム・ジョンウン)大統領が6月に予定されている両首脳間の歴史的首脳会談であることを突然打ち消した後も、いつでもいかなる方法でも、 。

北朝鮮外務省の金桂冠(キム・ゲグァン)最高幹部は、国営の報道機関であるKCNAの報道によると、トランプ氏の決定は、世界社会の朝鮮半島平和への希望に反しているとのコメントを述べた。
「何時でも何らかの形で現実に直面していることを米国に繰り返し表明している」と、米国の当局者と数年間交渉してきた金氏は述べた。
「私は、トランプ大統領の北朝鮮首脳会談に関する声明が、朝鮮半島と世界の平和と安定を希望する人々の希望に沿わない決定だと結論づけたい」

North Korea: willing to meet Trump despite canceled summit
North Korea says Kim Jong Un is still willing to meet Donald Trump "at any time," despite the US President's abrupt cancellation of what would have been a histo...

トランプ大統領の米朝首脳会談を延期した経緯については以下の記事で述べている

トランプ大統領米朝首脳会談、延期決定!その理由を考察してみた
5月24日、アメリカトランプ大統領が書簡にて米朝首脳会談の延期を北朝鮮キム委員長に伝えた その内容の全文はこちら 6月12日にシンガポールで開催される予定であったアメリカ−北朝鮮両国の期待のサミットへの交渉と議論に関して、貴...

キム委員長の今回の回答はやや期待外れの感もある

北朝鮮は常に最善の準備をしてきたと述べてきているのだ

それはアメリカの言う「恒久的な非核化」とはほど遠いものではあったが

つまりは出来る限りの事をやってきたと主張する北朝鮮としては、米朝首脳会談のキャンセルは北朝鮮の努力を無駄にするものだ

本来なら、遺憾どころではない状況

ましてや北朝鮮の独裁者キム委員長ならば

そういったキム委員長らしき言動が影を潜めている

 

今回の米朝首脳会談は今回の首脳会談より前に両国、特に北朝鮮にもある程度予測されていたのだろう

それが今回のコメントに見えてくる

 

その上、キム委員長は「ドアを開けていつでも首脳会談が出来ることを待っている」

と述べている

その発言には何らかの余裕さえ感じられる

やはり洋上瀬取りによる北朝鮮への韓国の物資援助があった疑念が消えそうにない

 

ちなみに米韓首脳会談での韓国文大統領が黒電話より役に立たなかったということを付け加えておく

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。